「板谷トンネル」の水路に住む謎の魚!

 2016-10-06
書庫に迷いましたが、トンネルの話題という事で・・・

市原市と大多喜町の境で、東京湾に注ぐ「養老川水系」と太平洋に注ぐ「夷隅川水系」に

分かれる「分水嶺」、さらに小湊鐵道標高最高地点の

「板谷トンネル」

今回、沿線草刈りをさせて頂いたので「合法的に」見学することができました。

2016-09-28 133700
↑上総中野側から撮影。

この上総中野側(大多喜)のトンネル坑口(写真左側)には水路があり、山から水が来ています。

これがやがては板谷川になり、中野で西畑川に合流、さらに総元で夷隅川に合流します。

トンネルの中には側溝があって、これは土のうで塞がれてこちらへは流れず反対に流れていますので、

2016-09-29 132002

左の水路は太平洋へ、右の側溝は東京湾へ流れています。

ほんの数メートル違う水ですが、運命は違っているようですwww


さて、反対の養老渓谷(市原)側ですが

2016-09-26 085851

こちらも山からの水が線路の脇を流れ、ちょっとした渓流になっていますが

良く見ると、何だかサカナが泳いでいるではありませんか!!

大多喜側にはいません。またトンネル内の側溝にも住んでいました


釣りが好きて川のサカナ大好きな私にとっては、どうしても何かを知りたい!!

という訳で、ヒルが生息しているのも忘れて素手で掴んでみたんです。

2016-09-29 143508

ヨシノボリやウキゴリのハゼ類のような・・・・・・

でも違いますね。

バケツ(なんであるんだよw)に入れると

2016-09-29 143519

ドジョウとハゼが結婚したような感じ。

帰宅後、調べてみたらどうやらこれ↓↓

ホトケドジョウ

↑うぃきより転載





ホトケドジョウ(仏泥鰌、仏鰌、学名:Lefua echigonia)は、条鰭綱コイ目タニノボリ科に属する魚類である。


上目 : 骨鰾上目 Ostariophysi
目 : コイ目 Cypriniformes
科 : タニノボリ科 Balitoridae
亜科 : フクドジョウ亜科
Nemacheilinae
属 : ホトケドジョウ属 Lefua
種 : ホトケドジョウ
L. echigonia


学名

Lefua echigonia
Jordan and Richardson, 1907

和名

ホトケドジョウ

ホトケドジョウ(仏泥鰌、仏鰌、学名:Lefua echigonia)は、条鰭綱コイ目タニノボリ科に属する魚類である。

形態

成魚の体長は最大でおよそ6cm。体形は太短く、断面は円筒形。頭部は上下に扁平である。体色は茶褐色から赤褐色で、体には黒点が散在している。

口ひげは4対で合計8本あり、3対が上唇より、残り1対が鼻孔より発達し、吻の上方に出る。

生態

日本固有種で、青森県、中国地方西部を除く本州、四国に分布する。

水温が低く流れの緩やかな河川や湿地、水田等に生息する。あまり底層には潜らず、単独で中層の水草の間を泳ぎ回ることが多い。

食性は雑食で、魚類、甲殻類、藻類等を食べる。

繁殖形態は卵生で、3-6月に水草や水中の枯草、落ち葉等に卵を産む。卵は球形で粘着性がある。繁殖期には1尾の雌を数尾の雄が追尾する。産卵後2日から3日で孵化する。生後1-2年で成熟する。

なお、渓流に生息するものも同種とされていたが、現在ではナガレホトケドジョウとして別種とされている。

保全状態評価
絶滅危惧IB類(EN)(環境省レッドリスト)

開発による生息地の減少に伴い、生息数は激減している。

人間との関係[編集]

観賞魚として飼育されることがある。高水温には弱いため注意が必要である。ペットショップ等で販売されることもあるが、日本に分布する種で生息数が減少しているが、河川への流出は遺伝子汚染や病気の伝播等が考えられるので慎むべきだとされている。




へぇ~~~~~!!

この魚、実は地元でも捕まえたことがありますが確かに水が綺麗な上流でほんの稀に居ました。


また学校下踏切の側溝の中には少し大き目な、ナマズのような形した魚が泳いでいました。

これはもしかしたらカワバチか何かだと思います。


養老川の豊かさは、こんな上流というか水源地に近い所から証明されているようですね。

ところで、なんで反対の大多喜側には居ないのでしょうか。

タイミングの問題?まあ崖崩れをしましたし、たまたまなんでしょうね。


(この場所へは小湊鐵道除草作業で、正式な手続き・指令への届けの上立ち入りをしています。念のため)

タグ :

五井駅0キロポスト

 2016-09-30


小湊鉄道 五井駅

言わずと知れた小湊鉄道の起点駅……

なんですが、

実は、五井駅はキロ程で言うと
0km105mとなっています。
たぶん駅中心です。

で、本当の0キロは……



入出庫引上線の



ここにあります。

終点上総中野駅は、ここより39km187mです!

タグ :

月崎第二トンネルに隠された幻の踏切

 2015-07-22
DPP_0000669.jpg
DPP_0000671.jpg

月崎第二トンネル

全長わずか20.1m

キハ200の1両分しかありません。
筆者はずっと不思議でした、

なぜ切通しにしなかったのか

この先、大久保の築堤は埋め立て土がぜんぜん足りず
里見方面から小型蒸気機関車とトロッコで運んだという記録があります。

だったらなぜにこの短いトンネル取って、土砂をねん出しなかったのか・・・・・・

ですが、ひょんな事からこのたび謎が解決したのでご報告です。

まずは、

もう一つ、私にとっては謎なことがあったのですが・・・・

20150722_151012.jpg

遠山あき先生の「小湊鐵道の今昔」
これぞ小湊鐵道のバイブル的な著書ですが

126ページの写真

20150722_150936.jpg
※わざと解像度を落としてあります。詳しくは「小湊鐵道の今昔」をご参照ください。
もしお求めの際は月崎駅前の朝日屋さんで販売されています。

月崎2号踏切の写真とあります。

蒸気機関車と渡来チックな踏切、2号機関車の後ろにトンネルが写っています。

現在の小湊鐵道踏切名一覧表にも、この月崎2号踏切は消えていて、はたして何処に存在していたのかも
不思議でした。

ですが先日、工事の打ち合わせでこの現地周辺の古地図を小湊鐵道からお借りしたら

このトンネルと幻の踏切の関係がはっきりと分かったんです!!

その資料をアップする訳に行きませんので、私の手書き平面図をご覧ください↓

tukizakidaini.jpg
↑クリックすると拡大します。

実は現道の県道大多喜・君津線は、バイパス工事により道路改良されていました。

旧県道は、大多喜方面から来ていったん現在の小湊線線路を横断するように右カーブし
今度は坂道で丘を越えていました。
この坂道の下に月崎方面から低い路面高の小湊鐵道が建設されることになり、切通しにしてしまうと
道路が無くなって新たに橋を架けないといけないことから、トンネルでアンダーパスされる事になったのですね。

こうして、ほとんど陸橋としての機能として短い「月崎第二トンネル」
それと「月崎2号踏切」が存在し、
県道が真っ直ぐにバイパス工事を受けてからは、月崎第二トンネルは「短いただのトンネル」としてそのまま、
「月崎2号踏切」は役目を終え「幻の踏切」となったようです。


IMG_6741.jpg

↑月崎2号踏切があった、であろう位置から撮影

仕事の下見でトンネルの真上に入りましたが
残念ながら道路跡はすっかりと草や竹で覆われています。
またヤマビルが多く、同行の小湊鐵道職員の方は食われてしまっていました。

いやはや、短いトンネルにはちゃんとに訳があったんですねぇ。

DPP_0000672.jpg

※月崎2号踏切の画像の印刷物を資料としてお借りしましたが、著作権がはっきり出来ませんのでアップをしませんでした。
もし可能でしたら現在の画像と並べてみたいと思います。

取材協力:小湊鐵道鉄道部





カテゴリ :小湊鐵道 鉄道構造物 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :

開業当時のレール?

 2014-12-23




先日、踏切補修で使用したレール。

アメリカ、カーネギーの刻印がありました!
カテゴリ :小湊鐵道 鉄道構造物 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫