FC2ブログ

2019年2月11日いすみ鉄道雪の撮影

 2019-02-11
本日は午前中を中心に、雨や雪が降りました。

午前7時、私が住む海沿いは雨でしかも止んでいて
仕事のため勝浦市松野へ
山の中は雪がうっすらと積もっていました。

9時を過ぎると、雪が強く降ってきまして仕事が中止に・・・・・

ではと、そのまま北上していすみ鉄道総元付近からキハ101Dと折り返し102Dを撮影しました。

1N2A7959.jpg
久我原~総元 堀田踏切
雪埃が舞うのを期待しましたがダメでしたねw

1N2A7968.jpg
西畑~上総中野 大カーブ

1N2A7973.jpg

折り返し102Dは堅実に総元駅から

1N2A7987.jpg
気の早い菜の花と冬枯れの桜の中を行く

1N2A7997.jpg

雪のピークが過ぎ、この頃からは段々と積もった雪も消えていきました。
102D大多喜発車後の雪景色は見られなかったようです。

ちなみに総元といえば、2017年3月27日に大雪の撮影をしていました。
もうすぐ4月だと言うのに驚いたものです。

1N2A3849.jpg
菜の花もピーク、降りしきる雪の中を走るいすみ301

暖冬と言われた年に大雪になるような気がしてならないのです。


タグ :

いすみ鉄道総元駅と小湊鉄道石神菜の花畑 状況2019年2月8日

 2019-02-09
昨日は仕事の通り道で各所に寄ってみました。

まずは、いすみ鉄道総元駅

2019-02-08 11 (4)

ひなまつりに因んでか、駅待合室の四隅に置いてありました。

2019-02-08 11 (5)

2019-02-08 11 (3)

2019-02-08 11 (2)

2019-02-08 11 (6)

ここは比較的堅実に菜の花が育つところです。

今年もいまのところ順調に見えますが、ちょっと気の早い花がちらほら・・・

そこに意図せず列車が入ってきました。


2019-02-08 11 (7)

ハンドルはなべちゃん運転士でした。

2019-02-08 11 (8)

お仕事の邪魔をしてはならないし即発なので声をかけませんでしたがバックミラー越しに挨拶してくれました。

2019-02-08 11 (9)

総元駅を後に、月崎駅工事現場に向かうため今度は小湊鉄道上総大久保~養老渓谷間の
石神菜の花畑を見てみました。

2019-02-08 11 (10)

こういった状況ですが、所々農機が入っていますね。

奥側は株が育っているようです。

小湊鉄道、いすみ鉄道とも菜の花が咲く風景はまさに観光需要資源でもあります。

綺麗に咲いてくれることを願ってやみません。

また沿線活動にご尽力されている方々にとっても・・・・


タグ :

いすみ鉄道 大野築堤の菜の花 2019-2

 2019-02-06

菜の花の名所 国吉~上総中川間 通称「大野築堤」

国道465号線沿いでもありお気軽に写真が撮れるところでもあります。

今年2019年、現在の様子です。

順調のように見えます。

2019-01-21 13 (1)
2019-01-21 13 (2)
2019-01-21 13 (3)

一つだけ気になるのは、黄色く変色した葉っぱが多いこと。

他の場所でも同様なんですが、毎年こうでしたっけ?

聞くところによると、これは霜でやられたりして枯れた葉であるけど、生育にはあまり問題ではない、とのことです。

タグ :

いすみ鉄道 国吉、大多喜売店営業終了

 2019-02-02


リニューアルのため一時閉店との発表ですが、詳しくは未定のようです。
タグ :

鉄道博2019 いすみ鉄道出店してきました。

 2019-01-20
大阪で毎年多くのお客様で賑わう鉄道イベント

鉄道博2019へ出店してまいりました。


tetudouhaku.jpg
2019-01-12 09 (2)

とりあえず、ものすごい人!!

今年初めて1万人の入場者を数え(入場カウントしている訳で完全な実数です)
とくに中日の13日は身動きも難しい時間がありました。

2019-01-12 09 (1)

という訳で、いすみ鉄道出店

4年目ですが、今までは前社長鳥塚さんと一緒に来ていました。

しかし今年は実質、一人で来ました。

1日目、2日目といすみ鉄道応援団のS君とF君が手伝ってくれましたので大変助かりました。

鳥塚さんも2日目、3日目といらっしゃいました。


売上も上々、会社に「今年も行かせてください」と頼み込み、OKを出していただき来た手前責任がありましたが

何とか黒字に持っていくことができました。


また、11月のイベントにわざわざ来ていただいたお客様がお声をお掛けしてくれて

「あの時の車掌さんですか!」と大変喜んで頂けたのが私も非常に嬉しかったです。


来年も、ぜひ出させていただきたいものであります。




タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫