fc2ブログ

いすみ鉄道が通学定期を値下げします。

 2023-12-15
いすみ鉄道株式会社では、令和6年4月より通学定期運賃(1か月、3か月、6か月)を、それぞれ平均46.6%引き下げます。

これにより、通学定期運賃はJR線と同水準となります。

いすみ鉄道公式

由利高原鉄道などでは先駆けて行われていることで一定の成果があるようです。

しかし、元々親御さんが車で学校まで送ったりする潜在需要が存在したからで

元々通学需要も右下がり、沿線高校は定員割れが起きている1校のみ、さらに沿線人口が極小な

いすみ鉄道にとっては通学定期を割り引いたとて、経営的には減収となるのではないかと思います。

ただ、この辺りはもしかしたら行政主導(かも)知れません。


かたや、私の地元でもいすみ鉄道の定期が高くて、家族が送って行っている、

また私の地元御宿町では、途中の新田野まで送り新田野~大多喜間で利用しているなんて

方も数人聞きます。

ですから何より通学で使われている保護者の方には朗報だと思います。

IMG_5457_20231215204223bba.jpg

※最近体調を崩される方が多いです。またインフルエンザAが猛威を奮っており、罹ると症状が重くなるようです。
私も先日罹りまして回復に1週間以上かかりましたのでしばらくブログ投稿も開いてしまいました。
皆様におかれましてはお体十分ご自愛くださいますように。


タグ :

いすみ鉄道災害復旧工事 西畑~上総中野の様子(11月21日)

 2023-11-23
11月21日に当該現場を通りましたので、道路より撮影

かなり工事が進んでいます。

特にこの現場のような盛土工事の場合、天候に大きく左右されますが

雨も非常に少なく順調のように見えます。

2023-11-21 (2)

2023-11-21 (3)

2023-11-21 (5)

2023-11-21 (7)

大原方に小規模な崩落個所がありましたが
こちらは先に盛土工が完成しているように見えます。
核心部もほぼ終了(あと1層か?)しているように見えますね。

小湊鐵道は限定的ですが、本日より月崎~上総中野を
主に土休日に運転再開いたしました。

2023年11月21日発表←詳細はこちら

また列車で房総横断できる日もそう遠くなさそうですね。


タグ :

いすみ鉄道災害復旧工事 西畑~上総中野の様子

 2023-11-08
いすみ鉄道の終点近く、西畑~上総中野間におきましては
今年9月の台風を起因とする線状降水帯大雨の影響で、約40mにわたり
築堤崩壊が発生しました。

ほか小規模の災害も存在するようですが、
メインのこの場所においては、11月から復旧工事が開始された模様です。


20231108_094359.jpg

通りがかりに道路から見学しました。
大きい袋がたくさん運びこまれておりますが
おそらく、改良土を作るためのフレコンではないかと推測されます。

工事的には、現場条件も悪くないのでそこまで長期間工事では無さそうに見えますが
いちおう私も土木技術者の端くれ、他人の現場をあまり語らない事にします。

天候に恵まれ順調な復旧を切に願っております。




タグ :

国吉駅の腕木式信号機 移設当時のこと

 2020-05-08

2013年7月から8月にかけて

東京の個人様所有であった腕木式信号機をいすみ鉄道へ譲渡くださるために

移設工事を行いました。

当時は諸事情により詳しく書きませんでしたが

まあ5年以上経過していますので「あの頃は」シリーズということで。

画像 024

ユニック車で引き取りに伺いました。

都会の道に緊張しながら、引き取り個所は路地で

少しだけ冷や冷やしましたが、なんとか積み込み

画像 031

アクアラインを通って千葉まで、いったん弊社で保管し

次に基礎工事

画像 034

根入れコンクリートは若干大きめに。

倒れたら困りますので。

画像 045
画像 047

設置の状況。
灯り用の配線もしましたが
これは信号側の玉が切れてしまったので現在は点きません・・・・・・
(簡単に治ると思います。)

画像 004

ローカル線といえばこれです。

キハとのコラボレーションにも最高ですね。

タグ :

いすみ鉄道夜行列車のスナップ

 2019-10-15

2014年11月2日

いすみ鉄道で夜行列車が運転されました。

夜行列車恒例だった、国吉駅夜間撮影会

ちょうどボンネットバスが来ていたので急遽仲間入りでした。

IMG_3564.jpg

私はスタッフでしたので、お客様が終わられてからちょっと撮らせていただきました。


キハ30はまだ初代展示線路上

現在は手前の材料線、のちに2代目展示線 名称東国吉支線となります線路に居ますね。

この東国吉支線についてはちょっとした物語(妄想)がありますので次回にご紹介したいと思います。


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫