千葉地区普通電車の引退前に、次男坊の旅・・・

 2009-06-29
今週末は、長男が水泳で私は次男の子守となりました。

先週は次男が熱を出して、長男の子守となったのですが、
長男はゲームセンターに行きたいと言い、1日中ショッピングセンターの
ゲームセンターで遊んでました、スロットで大当たりしたコインで(笑)

次男に何処へ行きたい?と聞いたら「電車乗りに行きたい」
家で悶々と過ごすのも嫌ですので、朝から出かけて見ました。

私自身電車には今は興味がありませんが、千葉で産まれて見慣れてきた


113系と言う電車が、1969年から40年に渡る活躍を終え
(導入当時の車両は既に廃車済み)引退する事が決定した模様です。

なお気になる後継車両は、あまりお話したくありませんが、
京浜東北線の中古車が来るようです・・・・・・・・

また、これを踏まえJR千葉支社では、東海道線当時のカラーである
「湘南色」を復元した車両を既に6月25日から走らせています。
管理人は既に外房線で目撃しました。
今後数本が塗り替えられる予定とか・・・・・
本当に引退を意味する事でありますね。

また、久留里線にも復活塗装のディーゼルカーが7月4日から走り出すそうです。
久留里線はワンマン運転化の噂もあって、その関係で最古参のキハ30型も
いよいよ引退を暗に意味しているのでしょうか?
まずはクリーム色と赤のツートンカラーの登場時の姿で1両走ります。
その後3両全ての塗りなおしを行う、とありますが、
この文章はもう1つの国鉄塗装で赤一色の首都圏色になる車両もあるかもですね。


前置きが長くなってしまいましたが、そんな背景を踏まえ普通電車中心に
乗り継いでみようと思いました。

最寄駅から普通電車・・・・途中の上総一ノ宮では連結作業が見れ次男は大喜び。


実は現在走っている113系は殆ど他からの引越し車両です。
生粋の房総っ子は極僅か(総武快速用を除く房総各線)

で、鉄オタのような話ですが、番号を見れば




製造番号2000番台?と現在の3桁の車両は、東海道線から。



1500番台?は横須賀線、総武快速線から。




1000番台?は、横須賀線、総武快速線もしくは房総生粋の車両、と分かります。
(極一部に例外があります)

さて、大網から東金線に乗り換えましたが・・・・


高崎線、宇都宮線からの中古、211系でした・・・・

成東から、時間の関係で「しおさい1号」で銚子まで。


何と乗り換え予定の成田線、1時間の待ち時間です・・・・
銚子電鉄を見せたり何とか時間を潰します。


成田線で到着した電車が今度は総武本線の普通となって折り返しみたいです。

後から総武本線の普通電車が来ました、つまり「しおさい」に乗らずとも同じ乗り継ぎ・・・・
500円の特急料金がチト悔しいですが、元々外房線が主だったビュー車両に乗れたので
次男は喜んでました・・・・・・・・・

やっと時間になった成田線は、211系でした。

小一時間、佐原の1つ手前、香取から鹿島線に乗り換えですが、ここでも又1時間待ちだって。
昼だし、駅前の大衆食堂でお昼を食べたり時間つぶしです。

駅に戻ると、千葉では都市部以外では珍しい貨物列車が通過して行きました。
これにはやはり、次男は大喜び・・・・・




空コキばっかり・・・・・不況の影響でしょうか。

やっと来た鹿島線で鹿島神宮へ。
鹿島臨海鉄道で水戸へ出ます、このコースは子供の頃に通ってみたかったコースです。



鹿島線といい、この鹿島臨海鉄道も鉄道の施設は立派ですね。
平野部は高架の所が多く、鉄道建設が比較的新しくその当時の規格で作られている為ですが、
ローカルな景色とのアンバランスな所が何とも新鮮に映ります。

1時間強だったかな、水戸に到着です。
やはり「余命宣言」を受けてしまったJR東日本のEF81



直ぐに来たスーパーひたちに飛び乗り、上野まで。



秋葉原?錦糸町に出たら運よく外房線直通上総一ノ宮行きが来ました。
これって中々無いよね。得した気分になります。

妻が長男を乗せて茂原まで迎えに来てくれたので、下車し麺八戒さんによって
ラーメンを食べた後、帰宅となりました。


子供が居なければ絶対行かないような旅でした。
結構疲れて、すぐに横になってしまいましたよ・・・・・
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫