予告:第2回小湊鐵道キハ200チャリテイ運転体験会開催

 2011-06-29
表題の通り、来たる8月14日に開催します、只今募集記事準備中です。

お申し込みは、1ヵ月前7月14日、18時からのメール到着から有効です。

なお前回とは会費は同じ6千円ですが、今回はラスク付きを止め、
運転体験経費を引いた千円分は、ご参加者個人の任意設定となる予定です。

実行(案)
千円の金券を当日お渡しします。
お好きな小湊鐵道グッズをその金券で購入出来ます。
そのお釣りを東日本大震災義援金として、岩手県に送ります。

また千円全てグッズ購入に充てて頂いても問題ありません。
それは小湊鐵道の売り上げ増に繋がります。

または、全額を義援金として納められるという事も出来ます。

ご参加者様の善意を少しでも反映出来るシステムとして小湊鐵道鉄道部の方と議論し、
出た答えが前途のようになりました。


なお当日、12時21分発の列車で小湊鐵道に乗車される方は、最初から運転体験経費のみ五千円徴収させて
頂きます。列車に乗って頂くのが小湊鐵道にとっての最大の利益となるからです。


※7/1加筆:申し訳ありません、混乱を招くので全員の方に金券制度とさせていただきます。
列車乗車の方は、別に乗車券またはフリー切符をホームにてご購入ください。

まだ詰める部分がありますが、週末にはご案内記事を完成させアップするつもりです。

なお前回、キャンセル者発生により再募集し残念ながら締めきってしまった方より、
こちらからご案内をお送りします。
お申込み期限は7月8日終日中のメール有効となります。
詳しくはお送りしたメールにてご案内いたします。
いましばらくお待ちください。


第2回 小湊鐵道キハ200チャリテイ運転体験 主催者より。



タグ :

小湊鉄道の粋が詰まった! 写真集「小湊鐡道」 まつやま書房

 2011-06-18
2011 06 17_0704

小湊鐡道の春夏秋冬、貴重な五井区構内の様子を記録した写真が満載です。

著者写真の特徴としては、「列車の前に線路を残して撮影」する技術に特に目を見張ります。
私のような素人だと「ただ列車が遠い写真」となってしまうのですが、
この写真集に掲載されている写真はまさに「絵」となっております。

また、私が一番「面白い」と思ったカットがこれ!!↓
2011 06 17_0705

富士山と京葉工業地帯の煙突をバックに冬の市原を行くキハ200!

このカットで私が思い浮かんだのが、富士山の遠近は置いといて岳南鉄道のイメージでした。

ほか保線の様子、トム1、トム2のバラスト散布作業、五井駅内の信号、分岐機操作盤、車掌区点呼の様子・・・
などなど、鉄道写真のお手本として、また貴重なシーンを収めた大変お勧めな1冊となっております。

著者・鈴木信雄氏 税込定価 2100円 

購入は小湊鐡道本社、
または著者のHP「遠い汽笛」までお願いします。

なお小湊鐵道本社での在庫は残20冊だそうです。
タグ :

小湊鉄道記念乗車券発売のお知らせ 蒸気機関車文化財指定30周年記念

 2011-06-18
2011 06 17_0708


小湊鐵道 五井区に保存してある3台の蒸気機関車が千葉県より文化財に指定され、
30周年を迎えた記念乗車券です。

近日発売予定。

お求めは、小湊鐵道有人駅、小湊鐵道鉄道部まで。
タグ :

いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略(本)

 2011-06-17
いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略
(2011/05/10)
鳥塚 亮

商品詳細を見る


実は私、大の読書嫌いです。
いつも父に「おまえは本を読まないから頭が悪いんだ」と常に言われてましたが・・・・・

大原駅のショップで購入し、何と5回も読みなおしました!!

ここに綴られている鳥塚社長の経営哲学は、赤字鉄道の経営だけに留まらず、
地方過疎地域のこれからの商売戦略として、ひいては閉塞感一杯の日本経済に一石を投じるやも知れない
とても興味深い内容となっております。

私の商売にも十分参考になる部分がありました。


なおいすみ鉄道ショップ販売では、鳥塚社長のサイン入りとなっております。

タグ :

ご挨拶・当ブログ活動方針・お願い

 2011-06-11
このたび、小湊鐡道、いすみ鉄道を主としたブログを運営させていただく事にしました、
管理人の国吉駅助役と申します。

幼少~高校卒業まで、鉄道が好きでした。
ですが平成8年の飯田線ED62貨物列車廃止とともに、鉄道趣味から留めが刺さりました。

やがて結婚、子供が出来て次男が鉄道に興味を抱き、
私も子供の付き合いと称して段々と復活してきました。

そして、私の子供の頃では「木原線」こと「いすみ鉄道」、さらにその先に繋がる、
中々子供では行けなかった「小湊鐵道」に特に思い入れが御座います。
そして、たまたま小湊鐵道のHPでキハ200の運転体験に空席を発見し即申し込み、
参加した時の感動を忘れられず、鉄道を通じて
私も何か出来ないかという所から事の始まりとなりました。

小湊鐵道、いすみ鉄道ともに、既に素晴らしい応援ブログが御座います。
それ故ブログ開設には、かなりの躊躇がありました。
ですが、これからの管理人の活動には「告知の場」がどうしても必要となって来ましたので、
ブログというツールを活用させて頂く事になりました。

先輩ブロガーの皆様と競うなんて考えは毛頭御座いません。
ですので、そんな誤解を避ける為こちらからのリンクやトラックバック等は控えさせて頂いております。
未熟者ではありますが、どうかよろしくご指導の程お願い申し上げます。



<活動方針>
前途のように小湊鐵道、いすみ鉄道を主に記事作成をいたします。
それと、実行活動として下記の通り計画いたします。


※機会があれば主に小湊鐵道、いすみ鉄道においてイベントの計画をいたします。
過去には、小湊鐵道キハ200チャリティ運転体験を企画、2回程やらせて頂きました。

今後も鉄道会社さんにご迷惑をお掛けしない程度、いや要請があった時には開催したいと思います。
また貸切列車制度を利用してのイベントも今後検討してまいります。


※現在、分割式Nゲージジオラマを作成してます。
これを用いて各イベントに協賛したいと考えております。




※いすみ鉄道ムーミン列車応援団をはじめ、いすみ鉄道、小湊鐵道応援各活動団体様に微力ながら積極的にご協力したいと考えております。





<お願い>
・当方企画催事ご参加の際のご自宅出発~帰宅までの不慮の事故は、管理人は責任を負いかねます事、お含み頂き何卒よろしくお願いいたします。
・当ブログの画像は著作権によって保護してます。無断使用は厳禁です。管理人に許可を取って頂ければこの限りではありません。
・余りにも幼稚・卑猥なコメントは削除させて頂きます。また複数IDは原則禁止としますが、明らかに特定出来る場合はこの限りではありません。
・掲示板などへの当ブログ記事のリンク設置は厳禁です、絶対に止めてください。

<管理人のボランティアに関する考え>
1:ボランティア=自己完結の考え方は被災地で頑張っておられる方々と同じです。
2:ボランティアを行ったからと言って、応援した鉄道会社に見返りを求めません。
3:ボランティア=おせっかい、は「紙一重」という考えを常に適用し、行動します。
4:上記のおせっかいな行動に出たら遠慮なく注意して貰うよう、鉄道会社にはお願いしております。
5:結局、管理人が行うボランティアはただの鉄道好きの延長と捉えて頂くと幸いです。
6:管理人主催イベントにおいては、一切の利益を発生させず、会計報告をきちんと行います。
7:6の項目において、余剰金発生の場合は全額を納付先を吟味し、義援金や募金に寄付いたします。
8;7の項目において、少額の場合はストックし次回の催事余剰金と合算して募金する事があります。
9:鉄道会社との打ち合わせ旅費、諸雑費等は管理人自己負担にて行います。
  なお、金額が大きい場合は会計報告にて領収書開示を行い、経費として計上させて頂く場合が御座います。


では何故に、ボランティアとは言えないけれどこのような行動を行うのかと言うと・・・・・・
第一は昨年、病気で入院した事がきっかけです。

保育園の卒園アルバムで、私は大きくなったら「電車の運転士」になりたいと書いてます。

しかし年を重ねる毎に、夢と現実をどなたでも直視せざるを得ないですよね。
私も例外では無く、高校の時のJR募集があった時はかなり悩みましたが、
既に薄く引かれたレールに乗って、極普通に人生を送って参りました。

しかし、私が36歳の時でした。仕事に行きつまりある日倒れてしまい即入院・・・・・
その病室生活の有り余る時間の中でで、改めて自分の人生を見つめ直しました。

日曜日しか休みが無かったので、土曜開催が基本の小湊鐵道キハ200運転体験は指を咥えてましたが
病気療養中に上手く予約出来、参加させて頂いた時の感動は今でも忘れません。
以来チャンスの度に参加させて頂き、小湊鐵道の魅力に改めて気付きました。

<管理人のボランティアに関する考え>で述べました通り、管理人のボランティアは趣味の延長線上であり、人に喜ばれたいとか鉄道会社を応援するんだという立派な袈裟は掲げないように「影で支える」存在でありたいのです。ですから出しゃばった真似だけは絶対に避けたいので何人か第3者の方に監視をお願いしております。


当ブログ管理人


タグ :

6/4小湊鐵道運転体験イベントご参加の方々へ

 2011-06-04
 
本日は、当方企画の小湊鐵道キハ200チャリティ運転体験会に
ご参加頂き誠にありがとうございました。
 
皆様から頂いた義援金は、月曜日に責任を以って義援金として納めます。
なお、この会計報告は、鋭意作成中の当日の記事にてご報告いたします。
 
なお、時間が押してしまい1回運転が減ってしまいました。
この点は私の段取り不足な点もあり、とても反省しております。
誠に申し訳ありませんでした。
 
次回のお話を帰り際、鉄道部の方と話しましたが、
夏季のぽっぽや体験と他団体申し込みもあり、しばらく都合がつかないので
10月を目標にしましょう、という事になりました。
 
今回の反省を生かし、次回はよりお楽しみ頂けるよう努力します。
信号機も、期待ほど活躍しなかったようでしたが(大汗)
 
簡単ではありますが、御礼のご挨拶でした。
 
なお今後は別ブログにて、小湊鐵道の催事などを鉄道部の方々にご迷惑をかけない程度に
企画し、実行して行こうと思っております。
重ねまして、よろしくお願いいたします。
 
小湊鐵道キハ200チャリテイ運転体験会 実行委員
 
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫