FC2ブログ

上総鶴舞駅でお気軽駅撮り~

 2011-08-19
お盆休みで帰省していた嫁と子供を東京に迎えに行く途中、
297号線を走っていたら、丁度上総鶴舞で24列車の時間になりましたので
ふらりと寄って撮影する事に。

下り列車で2両編成ですからやっぱり大カーブを使って撮りたいのですが、
この日はその大カーブにある小さな踏切で車を停めて撮影されている方が写ってしまうので
駅の花と一緒の構図にしました。

IMG_2034.jpg
最近、線路に入る人が多いという事です。
線路敷地内は、例え安全な所でも立入禁止です。
その対策として、残念ですが各所に立入防止のロープと注意喚起のカンバンが建っています。
この写真に写っているロープも然りです。
それにしてもこんな所から侵入して入る人が居ると言う事になり、残念な限りです。

かくいう私も、乗客では無いのにホームに入って(線の内側ですが)撮影してますから
厳密にいえば無法者と言う事になります。

それはさておき、この列車の運転士さんがキリッと凛とした職人顔で運転されていたので気が付くのが遅かったのですが、いつも運転体験でにこやかに話される方でビックリしました。
停車した列車の先頭に行き、手を振ったらいつもの穏やかな顔で笑って下さり、車掌の笛を境にまた職人顔に戻って出発して行きました。

にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに登録いたしました。
どうか↓バナーの清き1クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ



タグ :

8/15キハ52ヘッドマーク無し 急行編

 2011-08-17
「急行編」・・・・・最初、この言葉を誤変換で「急行変」となりました。
どうでもいい話ですが、小湊鐵道キハ200運転体験での変速機ランプが点く瞬間を思い出しました。

どうでもいい話ですが・・・・・

そういえば「ぽっぽや体験」で運転したキハ207号の「変」ランプの文字がナナメになっていて、
指導運転士さんに言ったら「変ですね」だって・・・・・

どうでもいい話ですが・・・・・


冒頭よりバカ丸出しですが、本題に入ります。

オート三輪と一緒に撮影した総元~西畑間を後に、オート三輪は新田野直線に向かうとの事でしたので、
私は近道をして上総東駅付近での撮影にしました。

やっぱり早場米の実りと一緒に撮影したくって。
夏野菜と一緒に撮れる所が案外少ないですね・・・・

IMG_1973.jpg
上総東駅付近にて。

さて、交換列車待ち時間を利用して西大原の佃踏切に向かいます。
駐車スペースがあり手軽に撮影できるポイントです。

しかし、既に駐車可能スペースは無く、仕方が無いのでその先の交差点に駐車してスタンバイ

IMG_1977.jpg

ヘッドマーク無しは中々走らないので、皆さん真剣です。

IMG_1983.jpg
北東に向かって走るので、正面逆光を嫌いあえて側面重視で。
単行列車だと、このフレーミングもアリかもしれません。

次は大原での折り返しを狙います。
丁度、早場米の稲刈りシーンが展開されてましたのでこれと絡めて撮ろうと玉を300mmに変更。
望遠で狙いました・・・・・・・・・・が・・・・・・
折角の順光チャンスだったのに!列車が来た時の稲刈り機の位置と雲の通過、
そんな中、唯一の「見れる」写真です。

IMG_1989.jpg
柵に足周りが引っ掛かりました。失敗写真と言えます。

IMG_1991.jpg
あとはこんな感じで雲が掛かり、玉砕なのでありました・・・・・・・

本当はもう1往復撮影しようかと考えましたが、気力がなくなり撤収しました。


にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに登録いたしました。
どうか↓バナーの清き1クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
タグ :

いすみキハ52ヘッドマーク無し山線撮影の珍場面??

 2011-08-15
本日、いすみ鉄道キハ52がデンタルサポート大多喜~上総中野間運転で
しかもヘッドマーク無しの日でした。

しかし、臨60Dの下り列車はほぼ全区間逆光になるので
主に側面を狙う場所として、「ムーミン橋」を選びました。

当日は時折厚い雲が行き交う天気で、露出も目まぐるしく変化する一発勝負でした。

IMG_1940.jpg

もう少し川を入れたかったのですが、そうすると地平線が半分の所に来てしまうし、
苦渋の選択で、どんより雲を入れちゃいました。

さて、今度は順光が期待出来る下り列車を狙います。
あらかじめ「下見」をしていた所ですが、割とアクセスが楽なので誰か先に居られるかと思いきや、誰も居ませんでしたので三脚をセット。

IMG_1943.jpg

フレーミングチェック、樋管が上空を通っているので格好のセット被写体です。

そのうち3名撮影にいらして、挨拶を交わした所で!!!!!!!!

IMG_1948.jpg

社長ブログで「オート三輪が出没」とは予告されてましたが、まさか私の目の前に現れるとは本当にサプライズでした。これは皆でビックリ!!
その後ろから大勢の撮影隊が来ました。現場は凄い人になりましたが皆様譲り合っています。
後から来た人が「お邪魔します」対して先行者が「そこで大丈夫ですか?」と・・・・・・・

で、遠くからタイフォンが聞こえ、踏切が鳴り出しました。
いよいよ本番です。

IMG_1966.jpg

これが精いっぱいでした。これ以上車両を寄せて撮影すると木陰が全面にカブリました。

現場でご一緒させて頂いた皆様、ありがとうございました。


にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに登録いたしました。
どうか↓バナーの清き1クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ



タグ :

2011/8/14小湊鐵道キハ200チャリティ運転体験のご報告

 2011-08-15


ご参加の皆様へ

お盆休みという貴重なお時間を割いていただき、
遠くは兵庫県、静岡県よりの、また首都圏からのお越しの皆様、
この度は皆様のお陰さまをもちまして、無事開催終了する事ができました。
心より御礼申し上げます。
また、前回よりのご参加の方もいらっしゃいました。併せて大変御礼を申し上げます。

主催者として至らぬ点が多々御座いました事、お詫び申し上げます。
次回からはさらに今回の反省点を活かし、成熟して行きたいと思います。

何より今回は皆様の笑顔が印象に残り、主催者としては満身喜びの思いです。
「憧れの列車運転の機会をありがとう!」「ご苦労様です」などと、身に余るお言葉も頂戴しました。
主催者として、まさに至高の喜びを感じました。

本当にありがとうございました。

小湊鐵道キハ200チャリティ運転体験 主催者 鈴木 和之



今回は、大変重責な想いでした。
8月14日といえば、「高滝花火大会」として小湊鐵道では旅客収入イベントの一つで、
毎年沢山のお客様がご乗車されます。
しかし、今年はこの花火大会が中止になりましたので、急きょこのチャリティイベントの
開催チャンスをありがたく頂戴し、是が非でも成功させたいと小湊鐵道職員の方と綿密に打ち合わせ、
この開催日を迎えました。

今回はご参加者様全員、時間通りお集まり頂きスムーズに進行しました。

前回は時間が無かったせいもあり、主催者側の挨拶は無かったので何も考えて居なかったのですが、
今回は「主催者さん、ご挨拶を」と、小湊鐵道職員の方からお声が掛かり、
いきなりの事でまとまりの無いご挨拶をカミカミでしてしまいました(恥)

IMG_1900.jpg

職員の方のご案内、卓上教習からスタートです。
今回は初参加の方が多くこれまた珍しい事でした。

その後、いつものように運転体験は2班両エンドに分かれ行いました。

IMG_1904.jpg

IMG_1913.jpg

運転車両は14番、キハ200ラストナンバーです。


今回はお客様がいらしてました。
なんと!あの「日本車両製造株式会社」様の営業の方が取材に来られてました。
小湊鐵道キハ200型全車両を製造された会社さんでもあります。
また、ご参加の皆様に「うちわ」のプレゼントもして頂き、本当にありがとうございました。
おかげで、運転待ちの間も皆さんで楽しいお話をされていたのが本当に良かったです。
日本車両さんといえば、新幹線製造のパイオニアでJRグループのお得意様ですね。

新型気動車としては、最近は新潟トランシスさんのシェアが多いですが、
どっこい日本車両さんでも、松浦鉄道など手がけております。

営業さんの方ですが、「モノ作り」の考え方に非常に長けておられるいわば「職人気質」をお持ちの方で、
鉄道に対する熱い思いが伝わって来ました。
先日小湊鐵道本社でたまたまお会いした鉄道信号関係の会社の方もそうでしたが、
「日本の鉄道はこれからも安泰!」と、確信したのでありました。
※偉そうな事言って、申し訳ありませんがどうしても伝えなくてはと思いました。

しかし、日本車両さんの方凄い事をおっしゃいました。
「もし良かったら新車を購入されて小湊鐵道にリースすればいいじゃないですか、3億出して頂いて2両程・・」

セールス先、完全に間違ってますよ(爆)
勿論ジョークですが、一般庶民がアワを吹いてしまうお話です(笑)

車内ではこんな笑い話も出るほど、盛り上がりを見せてました。
中には鉄道に非常に詳しい若い参加者の方がいらして、関心しきりでした。
この皆様も大いに雰囲気作りに貢献して頂いた事、本当に嬉しかったです。
(Kg君とKm君、本当にありがとね~~)
また銚子電鉄サポーターズの方もご参加頂き、ざっくばらんにお話し頂きました。
本当にありがとうございました。

「今回は待ち時間が盛り上がって良かったね!」※清算時、小湊鐵道職員の方談。


そういえば、運転の成績はと言うと・・・・・・いつも通りダメでした。
最大1m弱の残しがありました。しかしオーバーランが無くなって来たので
少しは慣れて来たのでしょうか??????

楽しい時間はアッと言う間に過ぎ・・・・・・
気が付くと、時間内に全ての方が4回運転体験されました。
前回は3回になってしまい最大の反省点でしたが、小湊鐵道職員の方々の工夫や機転により
今回の時間通りでの進行となりました。

IMG_1916.jpg

IMG_1920.jpg

その後、SL見学(今日はキハ5800も手前留置線に車両が居なかったので見学出来ました)と昼食、
そして金券1000円でのグッズ&義援金募集となりました。

今回の最大の反省点としては、先だって商品チェック用紙を頂くのを忘れてしまい、
後ほど職員の方に煩雑な作業が残ってしまった点です。

しかし今回はグッズを任意購入としたため、参加者の皆様はグッズ選びを楽しまれている点は良かったと思います。
1000円全て「義援金」として納められた方、そしてさらに現金でグッズ購入された方もおられました。
皆様本当にありがとうございました。




会計報告

収入の部

会費 6000円×24名様=144000円 追加弁当費 500円×6個=3000円 合計 147000円

支出の部

(小湊鐵道様への支払)
運転体験費5000円×24名様=120000円 追加弁当費 500円×6個=3000円
グッズ金券売上分 合計18150円 

小湊鐵道様への支払合計 141150円 

(義援金送金)
会費収入合計ー小湊鐵道様支払=5850円
日本赤十字社東日本大震災被災者義援金 郵便振替(手数料無料)にて5850円納付させて頂きます。
下画像の証拠書類をご確認ください。

2011 08 18_0901





この度も、小湊鐵道鉄道部の皆様にはお忙しい中大変お世話になりました。
そしてご参加の皆様、日本車両製造㈱のT様、改めまして本当にありがとうございました。
皆様に格別のご厚情を頂き、8/14小湊鐵道キハ200チャリティ運転体験を無事終了させて頂きました事、
誠に御礼申し上げます。

小湊鐵道キハ200チャリティ運転体験 主催者 鈴木 和之

にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに登録いたしました。
どうか↓バナーの清き1クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
タグ :

いすみ鉄道ムーミン大型ヘッドマーク、その他

 2011-08-11
IMG_1802.jpg

いすみ鉄道では、併結時に支障があるとしてあまり使用されなかった
「ムーミン列車」の大型ヘッドマークを、夏休みイベント?として使ってます。

また8月12~15日は臨60D~臨61Dの普通列車扱いで普段は入線しない
デンタルサポート大多喜~上総中野間に入線します。(臨61Dはそのままデンタルサポート大多喜から急行列車になります。)
もう殆どの方、ご存知ですよね・・・・・
2基あるキハ52のエンジンのうち1基に冷却系統のトラブルが見つかったそうで、
最悪は1基エンジンで急行列車のみの運転となる、と社長ブログに掲載され心配しましたが、
関係者の努力で修理が成功したようで、予定通り上総中野方入線運転が行われますと社長ブログで報告されてます。本当に良かったですね~
わざとDMH17エンジンが残ったキハ52を選んで導入したコダワリのリスクに負けないぞ!という
意気込みが伝わって来ますね~~。


写真は上総中野でいすみ鉄道14D、自動販売機のキハ52?、 小湊鐵道24列車の並び。

非常に残念ですが、現在の臨時スジだとキハ52とキハ200の「DMH17エンジンの共演」は
ダイヤに乱れが生じない限り叶いませんね~~。

いずれは可能ならば、「キハ20系列房総横断列車」というのを走らせたいです。
直通運転じゃないですよ。要は九州旅行で体験した「2列車同一」という考え。
現在は全通した九州新幹線が八代までの時に、「リレーつばめ~新幹線つばめ」が同一列車として、
特急券も1枚だった事から、この考えを流用すれば・・・・・ですね!

にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに登録いたしました。
どうか↓バナーの清き1クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ

タグ :

113系引退イベント!!

 2011-08-11
 「THE FINAL!! 113!」 

9月23、24日に113系のさよなら列車を房総各線で、
両国駅ほかで記念グッズ、部品即売会があるそうです。

9月24日に外房線で運転されるさよなら列車=本当に最後の113系が地元を通る日です。
そのXデ―は、必ず地元で撮影したいと思います。
タグ :

小湊鐵道 月崎第二隧道の撮影はどう料理する・・・・

 2011-08-10

今、小湊鐵道の上総牛久以南で写真撮影をするのが「日課」となってしまいました・・・・・

そんな中、特に月崎~上総大久保の間には「月崎第二隧道」「大久保カーブ」という
格好の撮影場所があります。

まず、いちばん悩んでいるのが「月崎第二隧道」をいかにして「写真」に使うか、という点で
「非常に答えが出てくれません・・・・・・・」

全長20m余りと車両1両分しか無いトンネル、をどうやって「活かす」のか・・・・・

IMG_1517.jpg

夏の青々した木々に覆われたトンネルを飛び出るキハ204(唯一のベンチレーター変形車)

でも、これだとあんまり面白く無いです。

出来れば「トンネルに潜る前」に撮りたいのですが、失敗ばかりで・・・・・・・・

5度目のトライで、こんな写真が出来ました。

IMG_1868.jpg

トンネルポータル全体を入れつつ、特徴ある写真をと・・・・・
でも、主要被写体が真ん中で、手前の木々もライトを強調するばかりに神経を使い飛んでしまいました。
縦フレームでの撮影でもう少し露光を控えてリベンジしたいと思います。

大久保カーブも大変ロケーションが「良すぎる」ので、これだ!という写真は未だ撮れてません・・・・・

まだまだ「修行」は続けますが、お仕事もそろそろで・・・・・・
今週末は当方主催「キハ200チャリティ運転体験」が待ってますので、
今度の撮影はその後ですね~~。

他にも沢山撮影出来ましたが、いずれアップさせて頂きますので
ご指導よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに登録いたしました。
どうか↓バナーの清き1クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ



タグ :

地球磁場逆転地層「チバニアン」のご紹介

 2011-08-09
地球がN極とS極が逆になった歴史があった!

という事も知りませんでしたが、なんと!

その時代の地層が見られる世界に2か所のうち

1か所は千葉県市原市に存在する!!!

のであります!

場所は市原市田淵の養老川、最寄駅は小湊鐵道月崎駅です。

IMG_1617.jpg

「田淵会館」という集会所から細い道を降りて行きます。

IMG_1625.jpg

ずーっと下り坂です、帰りの上り坂分のエネルギーも温存しながら下りましょう。
私は訪問1回目、ノックアウトしました(汗)

IMG_1634.jpg

ここからは、けもの道??で河原に出ます。
長靴があった方が良いですが、コケで滑るので要注意です!

IMG_1684.jpg

IMG_1690.jpg

上流に少し歩くと、到着です。

IMG_1692.jpg

緑色の札=現在のNS極地層 赤色の札=NS極逆転期の地層 黄色の札=NS極がフラフラしていた時期の地層だそうです。

IMG_1705.jpg

さらに上流にもありますが、現在は草が生えて良く分からなくなってしまいました。

IMG_1714.jpg


養老川では、小魚やトンボの姿も・・・・・

IMG_1719.jpg

IMG_1736.jpg

アユの友釣り師の姿も。

IMG_1695.jpg

河原入口には、綺麗な支流が流れてます。
川のトンネルもあります。

IMG_1651.jpg



詳しくは、小湊鐵道HPをご参照されてください。

お出かけは小湊鐵道でお願いします!
月崎駅からハイキングコースとして、徒歩20分~30分程度と思います。

またはレンタサイクル100円チャリのご利用をお勧めいたします。


にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに登録いたしました。
どうか↓バナーの清き1クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ





タグ :

8/14チャリティ小湊鐵道運転体験 空き情報!

 2011-08-09
1名様キャンセルが発生しました。

ご参加ご希望の方、下記リンクよりご応募ください。
1名様だけの空きです、お早い方勝ち!


8/9 16:00締切りました。8/14 小湊鐵道キハ200チャリティ運転体験
タグ :

8/14キハ200チャリティ運転体験1名様追加募集!

 2011-08-07
8月14日の小湊鐵道キハ200チャリティ運転体験で、
1名様のキャンセルが御座いました。

下記リンク記事をご参照の上、メールにてご応募ください。
(メール到着順となります、お早い方勝ちです)

8/8 9:00 締切りました。ご応募ありがとうございました。
8月14日第2回小湊鐵道キハ200チャリテイ運転体験会
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫