FC2ブログ

乗っておきたい、撮っておきたい車両が・・・・・

 2011-10-17
私は、中学生よりJR全線完乗を目指していました。

まだ1/3も達していない時に、飯田線に「乗ってしまい」ました。


それからというもの、ED62貨物の魅力も相まって「飯田線通い」をするハメになりました。


そして、そのアクセスに使った中央本線。
まだ夜行の各駅停車があった頃、夜中の甲府駅でのEF64重連貨物の唸り、
また昼間は南アルプスの風光明美な車窓と、本当に魅力的でした。


やがて東京で学生生活になると、鉄道趣味も遠ざかり碓氷峠廃止、飯田線ED62貨物廃止と
完全に興味が無くなりました。

しかし、自分の子供が鉄道に興味が湧くと、なぜか復活するんですよね(笑)


時代は流れ・・・・・・
いつも訪問させて頂いている飯田線ライブラリーというHPでショックな画像を見てしまいました・・・

とうとう213系が訓練運転に入っているそうです。

213系が改造を受けた時点で飯田線119系置き換え用だという事でしたが、
実際に入線すると、現実を帯びますね・・・・・
当線には一部115系が運用されてましたが、これは313系1700番台に置き換えられたのはご存知の通りで、この313系1700番台の中間車モハが「0.5M」つまり片側台車のみモーター駆動だという事をキハ200チャリティ運転体験で日本車両の方から聞いてビックリしたのが今でも忘れません。
0.5Mと言うのは何とも面白いですね。国鉄頭の私には凄く斬新に思いました。

地元113系で痛感したのですが「まだまだ多く走っているから」と思って油断は大敵です。
もっと撮っておきたかった、と思っても後の祭りですよね。
「廃車の予定ならRM誌に載るだろ」と怒られた事がありましたが、それからでは「遅い」と思います。


もう113系や115系を全て置き換えたJR東海。
残った119系も、あと残り僅かの命・・・・・
さらに、中央本線の山スカこと115系横須賀色も、なんと当地からの211系で置き換えです。
むしろ山スカの方が時間が無いと思います。

山スカは個人的にもお世話になったし、119系のあのタイフォンも好きだし・・・・・

これは年末までには乗りに行かなければ・・・・・・

頭が痛いですわ・・・・・・・・(金欠が予想されるのでw)


それと、気になるのは京葉線用に新造された205系。
E233系に置き換えられましたが、4連に組成されて各地に疎開しています。
一体何処へ行くのでしょうか??

長距離運用が多い長岡地区の115系置き換え用かな?????
高崎地区の115系は、上野口運用211系のバラシの筈だしと・・・・・
そういえば107系も、165系の更新車みたいな感じだからそろそろ・・・・・

「予想」するのも、これまた楽しいですよね!!!

にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに参加中です。
出来ましたらご訪問の際に下の「ローカル線」バナーを1クリックして頂けると大変有難く思います。またいつもクリックして頂き本当にありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ


タグ :

自分の長所が生きると言う「初体験」・・・・

 2011-10-17

皆様こんばんは。

少しだけ、勝手ながら私の経歴をお話しします。


学生時代、東京に住んでいましたがその際に
松屋銀座で開催される「鉄道模型ショ―」の鉄道模型販売ブースで2年程、バイト経験がございます。

それと、千葉そごう鉄道模型売り場(現在はありませんが、ここで働いていた方は東京葛飾立石に富士屋模型店として独立して鉄道模型を中心に営業しております。お近くの方宜しかったら寄ってみてください)でもバイトさせて頂きました。
さらに某Nゲージメーカーでも・・・・ここは働いたうちに入らないかもなので控えます。


それからは全く違う業種「建設業」に就職し、その仕事で必要な国家資格「1級土木施工管理技士」も取得し、
「現場監督業」を何となくこなして来ました。
ですので、出来ない事が出来ると言うのが強みです。
例えば、道路も設計から施工まで、CAD(図面ソフト・・・流石に3Dは出来ませんが・・)から測量、ユンボまであらゆる事を一応出来る事が自分にとってアドバンテージかなとも思います・・・・・が!

現場監督業を一生続けたいかと言うと、決して「はい」とは言いきれない現状があります。
折角手につけた仕事が、楽しく無いのです。
そりゃ、仕事に楽しさを求めてはならないとは分かってます。

でも、鉄道以外でもディスカウントストアーで3年バイトした時もみな「楽しかった」のです。

自分が「売れる」と思ったお米を、バイヤーが反対する中「売れなかったら買い取ります」と言ってまで仕入れ、
結果即日完売、もっと仕入れれば良かったのにと反対に言われた時は、一種のやりがいを感じました。

でも、現場監督業を15年続けて、やりがいなんか1回も味わった事がありません。
良く「地図に残る仕事」とか偉そうな形容が出て来ますが、そんな嬉しさに浸っている時間は無いのです。
半分は役所の書類、後の半分は苦情処理という環境で現場監督の皆さんは仕事をしているのです。
そんな事は下職も知らないので、またそこに苦労している人もいらっしゃると思います。


閑話休題

最近は、地元でもいすみ鉄道の鳥塚社長マジックとして、キハ52やムーミン列車の愛称命名によって、
鉄道に対する地元民の視点がかなり違って来ました。
私はこの現在の状況は、いすみ地域で「鉄道」の「株」が上がるチャンスだと思います。

そんな事もありまして、私も鉄道関係の企画等でお声が掛かれば、非力ながら「おせっかい」を自然と勝手出ております。

その先には、ちょっと違った発展が(営利的な事で無く)あるのではないか、と考え、行動しております。


いま、いすみでも何かが動こうとしております。
私も「人に感謝されること」ではなく「人が喜ぶ事は自分の喜び」として、末席でも少しでもお役に立てればそれだけで「やりがい」を感じるのです。

それが「小我」=自分が可愛い、なのか「大我」=「陰徳を積む」なのか、それは皆様がご判断する事です。

管理人の今後の行動もどうか「監視の目」で見て頂ければ、これ以上の喜びはありません。


いや、なにが書きたいかと言うと、数件お手伝いするプロジェクトがあるのです。
それが非常に楽しみであり、あくまで「趣味」として参画させて頂ければと思ったのであります。

そろそろ管理人も、今までの悩みの人生と「決別」する時だと判断しました。
それは、諸先輩方のいろんな意見も参考にさせて頂きました。

もう人生の「折り返し地点のポール」を過ぎました。
今後は私のくだらない取り柄も人生に反映出来るようになったらな~~と、夢を見て来る日を迎えて行きます。

にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに参加中です。
出来ましたらご訪問の際に下の「ローカル線」バナーを1クリックして頂けると大変有難く思います。またいつもクリックして頂き本当にありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ









タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫