FC2ブログ

来年は房総非電化路線が激動の年に・・・・

 2011-11-05

先日、いすみ鉄道に新型が入線するなどこっそりと発表になりましたが・・・・


これも正式発表になっていないのですが・・・・
久留里線がATS-P化される可能性があるようです。
また、タブレット扱いの廃止、発条転轍機(通称スプリングポイント)の電動転轍機化も始まる可能性があるそうです。

そうなって来ると、活躍しているキハ30系列にATS-P車上設備を付けるかどうかですが、
これも発表になってませんけど、皆様、予想して見て下さい。

万が一、キハ30型が廃車になれば、千葉で根着いてず~~~~~~っと活躍して来たキハ30が居なくなるという
何とも悲しい事になります。
もともと人気が高い車両な事、さらに千葉で馴染みの気動車の代表でもあります。
これを何処かで走らせたいですね・・・・・・・・・
OOOOさんでどうでしょうか?????

非電化路線といえば、あとは小湊鐵道ですが・・・・・
里見駅の列車交換復活が市政誌で発表になりました。
そうなると、臨時のスジも引けますので貸し切り単独列車も運行可能になります。

さらに新駅の設置とあります、恐らくですが上総村上~海士有木間の「西広」地区の住宅街に出来るのではないでしょうか??

ちなみに、「西広」駅(さいひろ、と呼びます)はかつて存在してましたので、厳密には「駅復活」と言う事になります。

他に上総山田~光風台間に「二日市場」馬立~上総牛久間に「佐是」(さだこれ)駅がありましたが、旧西広駅ともども1944年に廃止されました。


房総半島の道路事情もH24の圏央道一部開通により東京、神奈川方面からのアクセスがグッと良くなり、
特に大多喜町が絶大な恩恵を受ける事になります。
この圏央道の開通により、まさに「乗るか反るか」の局面を迎えるのも房総のローカル線なのではないでしょうか。



それでは、本日も見て下さりありがとうございました。

にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに参加中です。
出来ましたらご訪問の際に下の「ローカル線」バナーを1クリックして頂けると大変有難く思います。またいつもクリックして頂き本当にありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫