FC2ブログ

世代による鉄道車両の価値観・・・・・

 2011-11-15
皆様、こんばんは。


突然ですが「国電」って知ってます??


38歳の私も「国電」は知ってますし、高校生まで総武緩行で101系が走ってましたので、
私も「国電御徒町駅下車徒歩○分」とか言う道案内を見た事もふつうにあります。

ですが、103系がアッと言う間に無くなると、「国電」と呼ぶには忍びない車両ばかりになり、
「E電」という言葉は直ぐに死語になったりしましたね。
(いすみ鉄道社長ブログと同じ話題で恐縮です)

それと同時に、世代によって鉄道車両の「愛着」は違うものだと最近改めて思う事がありました。


例えば、私が保育園の頃に上野駅に行けば雪を被ったまま停車する国鉄特急、急行電車がずら~~~っと
並んでいる姿を、母親にせがんで1時間見るのが恒例でした。

それにまだ上野駅でも宇都宮のEF58がバリバリ現役(残念ながらEF57は記憶に無いです)
で、なぜか客車に貨車が繋がれた(荷物車)姿がむしろ面白くて記憶に残っております。


それが、もし中学生や高校生だったならこれらの車両に愛着が湧く筈です。


丁度、山手線から103系が居なくなって来た頃は小学校6年生でした。
銀色の「国電」は斬新さよりも、味が無いような気がしてました(渋い小学生だったのですね・・・)

こと地元では、小学校3年生頃に165系や153系急行が無くなった頃です。

現在のいすみ鉄道である木原線は、既にキハ30の独壇場でした。
小学校1年生(昭和55年頃)は一般色も一部に残っていた記憶があります。
同じ配置区であるキハ37は残念ながら木原線には入線しませんでした。

上総中野では現在は存在しない小湊鐵道2番線にキハ200が入線しているシーンを今でも忘れません。


でも、これがひと昔前なら、10系やキハ20系列、キハ45系列やキハ55系列も入線していましたから、
キハ30に愛着を感じない先輩層の鉄道マニアもいらっしゃる訳でして・・・・・


はたまた「E233系がかっこいい」という新しい世代も居るだろうし・・・・
私はステンレスの電車は、みんな同じに(211系は好きですが笑)見えます・・・・・
鉄道趣味復活に際して勉強し直ししている所でもあります(笑)


205系の先頭車化改造車とか、誰が予想したでありましょうか。



話が散らかりましたが、私より年上の先輩鉄道マニアの方々にとっては、
私が木原線で見慣れ親しんだ「キハ30系」は、国鉄の財布事情により苦肉の策で出来た車両で、
キハ20系列や急行型気動車に比べると、かなり価値観が違うようです。


これは自分に当てはめれば単純明快ですが、やっぱり人間というのは自分の価値観で判断してしまうのだなぁと
自分に戒め反省する今日この頃でした・・・・・


そう言えば、私が鉄道模型店でアルバイトしていた時に熱烈な80系電車マニアの方が居ましたが・・・・
さっぱり私には分かりませんでした・・・・・・
でも、その方には「ツボ」な車両なんだなぁ・・・・・と、感心した事を15年経過した今でも忘れません。



さて、話題は変わりますがさらっとご報告です。

1 応援する鉄道のために鉄道グッズを作る構想が、実現出来そうです。
2 半年弱運営して来ました当ブログ、そろそろ方針転換(リニューアル)を行います。 
  ・管理人HNを近日変更させて頂きます。
  ・「房総横断鉄道」を応援する事を改めて確認、独自でさらに行動をします。


それでは、本日もご訪問誠にありがとうございました。
冷えますね~~鍋でも食べて体力を付けましょう・・・・

にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに参加中です。
出来ましたらご訪問の際に下の「ローカル線」バナーを1クリックして頂けると大変有難く思います。またいつもクリックして頂き本当にありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ







タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫