FC2ブログ

今週のできごと「茂原法人会旅行、イワナ釣りetc・・・」

 2012-07-20
なんだかんだで、いつも週末を迎えてしまいます。

おかげさまで、本業は全くの閑散期・・・・・・

私らの仕事は、忙しい時とヒマな時の差が激しいです。
ですから体調を崩す人も少なくありません。

5年前だったかな、1~3月で1日休めたのは僅か3日という時がありました。

公共工事は「書類」がとにかく多い!!

ですが、パソコンが出来ない監督の分まで書類を掛け持つ事になりますので、そりゃ大変ですよ。

昼間は、現場代理人は必ず現場常駐しなければならないし、第一に居ないと仕事は進まない。

一緒になって力仕事もやらなければ、私みたいな若造に50~60代が中心の人たちを引っ張る事も

絶対に出来ないのですから・・・・・・


まあ、仕事の愚痴はツマラナイので、この辺で申し訳ありませんでした。


さあ、本題であります。

いすみ鉄道社長ブログにもあります通り、17日は茂原法人会夷隅支部の皆様と日光東照宮、わたらせ渓谷鉄道への日帰り旅行に行ってきました。

東照宮は初めて行きました。なんか3つのサルがあった程度しか覚えてません(笑)
というのは冗談ですが、一番驚いたのが豊臣秀吉の神輿もあるんですね。
徳川家康を祭る所ですので、秀吉の死後の事ですが「大阪夏の陣」を考えると私的に「意外」でした。

さて、午後からはいよいよ足尾です。

私の一番の目的は、これでした。

IMG_7195.jpg
足尾駅で保存されている濃硫酸タキ!!

小坂駅常備、と言う事であの3重連で名を馳せた小坂鉄道を走っていたに違いありません。

IMG_7186.jpg
キハ30は一般色で、
IMG_7203.jpg
今では貴重なキハ35は首都圏色で保存されております。

個人的な意見ではありますが、木原線のキハ35系列はやっぱりこの「タラコ」色のイメージが強いです。
記憶の彼方に、一般色と首都圏色の2両編成を覚えております。この足尾駅保存編成と同じですね。

IMG_7210.jpg

IMG_7209.jpg
IMG_7217.jpg
IMG_7216.jpg
IMG_7218.jpg

足尾駅は本当に雰囲気の良い駅ですね~~


IMG_7225.jpg
新型トロッコを連結した2両編成。

しかし、トロッコ専用車両を新造してしまうなんて凄いですよね。
わたらせ渓谷鉄道は、沿線の渓谷美が「商品戦略」として活用出来る訳ですから・・・・

IMG_7226.jpg
IMG_7230.jpg
「木の椅子はいいね!」と団長談。

IMG_7232.jpg
椅子は木でも、運転席はもちろんハイテク。
いすみ鉄道の300型と車体鋼体や基本的な構造は同じです。

IMG_7234.jpg
わたらせ渓谷鉄道の社長さんのお話、それを真剣な眼差しで聞きいるいすみ鉄道の社長さん。

IMG_7235.jpg
新型のトロッコもいいですが。

「俺たちはやっぱり、向こうだよな!」と鳥塚社長がおっしゃったのがこれ!!

IMG_7236.jpg

客車編成のトロッコ列車。
新型が出ても残るようで安心しました。

「トロッコ外してさ、12系を国鉄色にすればいいね」と、鳥塚社長が続けておっしゃいましたが
私も激しく賛成です(笑)
山陰本線の普通客レを再現出来ます、いやDE10だから九大本線が近いですね。


そんなこんなで、途中土砂振りの夕立があったりしましたが無事に楽しい日帰り旅行を終えました。


で、2日後の19日はというと。

急に渓流フライフィッシングに行きたくなりました。
どうせ仕事が無く休み。パチンコとも思いましたが平日&職無しと言う事で気が引けました(あたりまえ!!)

最近調子が悪い愛車を診て貰いがてら、山梨の車に詳しい友人のもとに行きました。


午前中は苦戦しながらも、午後からは標高1000mを軽く超える源流にてイワナが!!

綺麗な水で、毛ばりにアタックして来るさまが丸見え!!

P7190017.jpg

納得の釣果に恵まれました!!(もう少し毛ばりを作っておけばもっと釣れたのに・・・・裏話・・)

P7190024.jpg
在来固有種「ヤマトイワナ」と、人間の放流による「ニッコウイワナ」の交雑種。
この個体は比較的ヤマトイワナの血が濃い個体です。久しぶりにこんな奴釣りました。


さて、明日から7月、8月の週末は臨時アルバイトをさせて頂く事になりました。
初心忘れる事無く、一生懸命頑張りたいと思っております。

お子さんが居る皆様はいよいよ夏休みですね。
家族サービスも大変ですが、怠ると私のように「うちは母子家庭ですから」とキツイ一発を受けてしまいますので、気を付けましょうね。

では、よい週末をお過ごしください。



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫