サロンカー土佐路と中国地方乗り鉄ツアーその4

 2017-05-19
その1 サロンカー土佐路往路 前半その2 サロンカー土佐路往路 後半
その3 高知到着歓迎レセプション
その4 とさでん交通と高知周辺JR乗り鉄
その5 福塩線・三江線で中国地方横断

その3から続き

さてさてやっとその4でございます。

5月14日

サロンカー発車が12時30分ですので、それまでにおーたけ君と土佐電の完乗に出かけることに。

20170514_022.jpg

20170514_026.jpg
高知駅前からスタート。

まずは桟橋線を完乗。桟橋通5丁目をめざします。

20170514_027.jpg

20170514_028.jpg
20170514_029.jpg

なんか路面電車の終点て、魅力的ですね。

なんていうか「いきなり終点みたいな」感じがするんですよね。

次に、伊野方面を乗ります。

20170514_030.jpg

1日乗車券は千円で、日時をコインとかでスクラッチして使います。面白いですね。

20170514_002.jpg


20170514_003.jpg

↑横になってしまいましたが

単線の鏡川~朝倉までは特殊自動閉塞、そして朝倉~中山信号所~伊野はなんと通票閉塞式なんですね。

これ、知らなかったよ。

おーたけ君が「え?知らなかったんですか~~」と得意げに言っていたのには悔しかったですが・・・

20170514_004.jpg
通票交換シーンを撮影するおーたけ君

20170514_006.jpg
終点伊野に到着。

20170514_005.jpg
すごいですね。いきなり終点感。

20170514_008.jpg
これはかつて車庫がありましたが、閉鎖されたための廃線です。

さて、JR伊野駅を発車する高知ゆきが直ぐある事が分かり
いそいで駅に向かい、高知駅へ。

20170514_009.jpg


そこから乗り換えたのが、土佐くろしお鉄道のこの車両

20170514_010.jpg
9640型1S だそうです。
ほかに緑色系の2Sがいるようですね。

海側がデッキになっているんです。

20170514_012.jpg

20170514_013.jpg

いやぁ、気持ちよさそう。少しの間でもデッキに立ってみればよかった・・・

まあ、実際に乗りに来た時の楽しみに取っておきましょうか。

そして駅前から再度、土佐電に。

20170514_014.jpg

20170514_016.jpg

小さいころ、電車の本を見ていて思いました。

「なんで電車が、ごめん、って謝っているのか」

そんな疑問を肉眼で確認したのは40年の歳月を経てということになりました。

こちら側は複線で、スムーズにはりまや橋まで進みましたが。

でんてつビル前で降りて高知駅方面になってしまい。

あとで気が付きましたが

「デンテツターミナルビル前~はりまや橋」間のわずか100mを事実上乗り残してしまいました。


ありゃまあ。

20170514_018.jpg

駅に着き、ホームに上がるとちょうど機回し。

20170514_019.jpg

長旅に備え、昼飯用に駅弁はないかな・・・・

20170514_020.jpg

売り切れてました。

仕方ないので、コンビニのおにぎりを車内で・・・・

20170514_021.jpg

帰りもいすみ鉄道物販。

社長も途中の多度津まで乗って行きます。

沿線はカメラマンも多く、残念ながらトラブルもあったようですが

なにより、沿線で手を振って下さる方々が非常に多かった印象でした。


20170514_023.jpg

あっという間に多度津、社長は次の仕事に向かわれるためここで降りて行かれました。

20170514_024.jpg

機関車交換。

いよいよ四国ともお別れ、宇多津から本四備讃線に入ります。

20170514_011.jpg
行きは物販準備のため見られなかった瀬戸大橋。

帰りは物販終了のため、ゆっくりと車窓を楽しめました。

おかげさまで、いすみ鉄道物販も上々の成績でありました。
ご利用いただきましたお客様、本当にありがとうございました。


そして楽しかったツアーも岡山到着。
私は次の日のため、福山に移動、泊。

その夜は、備後とんこつラーメンを食べてみました。
美味しかった!!

2017-05-14 190138
2017-05-14 195648
2017-05-14 195033

という訳で、サロンカー土佐路ツアーは終了しました。

その5、中国地方縦断ローカル線の旅編に続きます。




タグ :

サロンカー土佐路と中国地方乗り鉄ツアーその3

 2017-05-19
その1 サロンカー土佐路往路 前半その2 サロンカー土佐路往路 後半
その3 高知到着歓迎レセプション
その4 とさでん交通と高知周辺JR乗り鉄
その5 福塩線・三江線で中国地方横断


その2からの続き

サロンカー土佐路、往路終了後

バスで移動となりまして、高知城歴史博物館見学、そして三翠園という大きな旅館で
歓迎レセプションです。

20170513_000.jpg

最初、高知県知事やJR四国社長といった凄い方々のご挨拶(汗)

その後、乾杯と歓談しながら食事・・・

20170513_003.jpg

ボリュームがありすぎ。もうお腹いっぱいです。
同じテーブルではムードメーカーのような方が盛り上げてくれたおかげで
話が弾み盛り上がり非常に楽しかったです。

さてさて・・・そしてお次は
20170513_004.jpg



社長が登場

20170513_005.jpg

じつはこのレセプションの目玉企画としまして

20170513_001.jpg


いすみ鉄道のキハで取りつけた急行「土佐」「あしずり」(私が図面作成~製作発注までやらせて頂いた)を
抽選でプレゼントという企画で、鳥塚社長があらかじめ配られているくじを抽選して当選者を決めるという。

じつは、一緒のおーたけ君が「助役、どっちが良いですが」と、54番と55番のくじを選んでくれと言うので
私は並び数字が好きなので、55番を選びました。

まあ、116人も居るし。当たらねえよなぁ。

と、ビールを食らって横を向いていたんです。

そしたらね。

いちばん最初、鳥塚社長が引いた番号を読み上げました。

55番


しっかりビールを吹いてしまいました。


いやぁ、どうしよう。

これは辞退でしょう。

ということで、司会をしていた日本旅行鉄マニア旅行番長(笑)からマイクを借り

「このヘッドマークは私が作りましたので、持って帰ると帰りの列車の中で皆様に袋叩きに遭いそうなので辞退します」

と酔いに任せて辞退してまいりました。


その後の抽選も荒れに荒れ。

次に当たった方が「土佐」をゲットしたと思えば、次の「あしずり」を当てたのは
なんとなんと「土佐を当てた方の奥様」でした・・・・

これ、よく考えると

くじを引いてる鳥塚社長のヒキ

じゃないすか。

そんなこんなで、大盛り上がりの抽選会のあとは鳥塚社長の鉄道トーク

毎度の聴衆引き込みのトークに皆さんまた盛り上がって居ました。


そんな状況で楽しいレセプションも滞りなく終了・・・・

私とおーたけ君は宿泊なしプランでしたので、予約した高知駅前のホテルに

土佐電で移動しましたが

こんな抽選会結果だったので

おれ、今日ヒキが強いんじゃないか

20170513_006.jpg

パチンコ(私はスロット)なんて久しぶり。

入ってしまいました。

最初の千円でいきなりビッグが来て。ほらほらツアー代金稼げるんじゃない!!!


というのは。

ぬか喜びでした。

マイナス千円。。。。。。





という事でその3はここまで

おい、いつまでかかるんだ・・・・・・・・


その4(土佐電全線完乗と高知周辺JR乗り鉄&サロンカー復路編)に続く。



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫