故「ふる」くてなお新しい

 2015-02-16
IMG_5267_20150216082938ba3.jpg

小湊鐵道 里見駅

故くてなお新しい 「ふるくてなおあたらしい」

小湊鐵道の社是(しゃぜ)であります。

この社是、小湊鐵道の魅力を一言で表していますよね。


里見駅の交換復活で、私は閉塞(安全装置)は自動を入れるものと思っていました。

ですが、かつてのスタフ閉塞・票券閉塞方式での取扱いでの復活を果たしました。


もちろん、最初の設備投資は莫大ですが自動閉塞を投入したほうが、里見駅の無人化も出来て
業務効率化も出来ます。

しかしながら、人の手による安全・確実・堅実な方式を頑なに採用した経緯は、

小湊鐵道のこの「社是」のとおりではないでしょうか。


もちろん、人の手による安全だからと言って、安全度が落ちるなんて事はありません。

鉄道の安全方式の中に、スタフや票券・タブレットなどの手動の閉塞は明記され定められていますから、
採用できるはずなんですが、もちろんお役所の指導は自動の閉塞を採用しろ、だったのは容易に
想像がつきます。

この辺りの攻防は、足掛け1年も費やしたようですが、
「故くてなお新しい」小湊鐵道の信念に学ばせて頂くことが本当に多いです。

さて、これからもそんな小湊鐵道の「故くてなお新しい」を発見・発信していきたいと思います。






カテゴリ :小湊鐵道 沿線風景 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :
トラックバック
トラックバックURL:

http://kiha200kiha52.blog67.fc2.com/tb.php/1274-6b3e8e60

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫