阿波と安房は関連性がある?

 2016-08-22
「古語拾遺」という平安時代の書物には、(大同2年・807年)
阿波の人々が穀物の栽培適地を求めて黒潮に乗り、現在の安房へ渡来し
開拓を始めた、という説があります。

ウィキペデイア参照

当twitterにコメント下さった方が(ありがとうございました)教えて下さいました。

歴史上繋がるという事は大変興味深いですね!

※以下写真はプレス用に撮影

1N2A2188.jpg

緑は高徳線系統の急行列車。

1N2A2191.jpg

青は予讃線系統の急行列車。

1N2A2193.jpg

赤は土讃線系統の急行列車。

1N2A2179.jpg


四国急行は1990年頃まで運転されていましたので、
増結にキハ58系列が足りないと、キハ52の首都圏色(タラコ)が連結されていたようです。

まっち様のブログリンクを貼らせていただきます。大変貴重な写真があります。

また、当時を知る方によればキハ52の増結はしばしば見られたようなのです。

さらに、荷物郵便気動車も首都圏色で急行に併結していましたから、
タラコ色へのヘッドマーク掲出は非常に少ない「本物事例」と言っても過言ではありません。

ですから、本当は「キハ52への御誂え」で作ったんでございます。

しかし、やっぱりというか、こうなるだろうというか、
「キハ28に付けて」というご要望が沢山ございました。

もちろん、そのために3種類すべて2枚ずつ作成しましたので
編成単位で揃えて運転も出来ます。

「編成で前後揃えたほうが正調だ」と考えるか、前後で変えて「1粒で2度美味しい」を取るかで
大変悩みますが・・・・・・

いずれまもなく、発表があると思います。

また、このヘッドマークを付けて運転の際には、

四国急行グッズも販売を計画しています。
(例えばですがヘッドマーク缶バッチとか)

どうぞ撮影帰りの際に、いすみ鉄道売店を覗いてみてください。

その売上によっては「ヘッドマーク作成すると沿線撮影のお客さんも一杯で、売店の売り上げも上がった」
と結果を残す事が出来、さらなるヘッドマーク作成にもつながります。

四国のヘッドマーク、故郷のかた、ご親戚などがいらして昔良く乗られたとか、懐かしいと来て見て写真に撮って頂ける方々がいらっしゃれば大変嬉しいです!

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
タグ :
トラックバック
トラックバックURL:

http://kiha200kiha52.blog67.fc2.com/tb.php/1583-dbb78ded

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫