養老渓谷駅トイレ改修工事

 2017-01-19
改修工事をしていましたが

外観はほぼ完成のようです。

まだ一般開放はしていませんでした。

タグ :
コメント
こんにちは、助役さん。
渓谷駅のトイレ、夕方暗くなってから、中を覗いて見ました。
照明はセンサー式です。トイレ内広くなって個室・小便器の数が増えました。
洗面台も増えました。
便座は、すべて洋式の暖房付きです。
障害者向けのトイレ内に、赤ちゃんのオムツ替え用の折りたたみ式ベッドが、取り付けられました。
天井板が取り外されて、屋根裏の梁や柱が見えるようになってます。鳥よけのネットが張られています。
ホーム内のトイレをなくして、すべて駅の外から入るようになりました。その分、新しいトイレが広くなったようです。
以前のホームからの入口には、使用できない古い洗面台がそのまま残っています。

とってもキレイになりましたョ。
今月末頃には、使用できそうです。
広くなった分、掃除に時間かかりそう…。
【2017/01/23 16:25】 | 猫丸 #- | [edit]
とてもおしゃれな公衆トイレですね!千葉にはとても大きな敷地に便器が1つしかないというようなトイレがあったような気がしますが、さすがに今回のものは普通のものですね(^^;)このように改修工事をするということは養老渓谷を訪れる方が増えたということでしょうか?GWに私もサイクリングで養老渓谷に行こうと考えているので、時間があれば駅にも寄ろうかと思います。
【2017/01/25 22:21】 | 安房鴨川 #- | [edit]
猫丸さんこんばんは。

このトイレはたしか私が高校生くらいからあると思います。
かれこれ20年
陳腐化していたのは事実で、また観光地としてはもはやトイレがきれいなのは
あたりまえの時代です。
その辺、市原市行政はとても敏感だと思います。
【2017/02/01 22:04】 | 助役 #- | [edit]
安房鴨川さん、こんばんは。ご無沙汰しています( ;∀;)

大きなトイレは飯給駅の「世界で一番広いトイレ」ですね。
公衆トイレは汚いというイメージはもはや過去のものになりつつあります。
キレイが絶対条件ですよね。
ですが、管理もしなければならず、維持も大変です・・・

【2017/02/01 22:07】 | 助役 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kiha200kiha52.blog67.fc2.com/tb.php/1684-8b7cb977

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫