御宿町で「栗原大輔精密画美術館」が期間限定開催!!

 2011-07-24
2011 07 23_0738

御宿町 鶏卵牧場内おんじゅくフロンティアマーケット「牛舎8号」にて、7月23日より
栗原大輔精密画美術館が、8月末までの期間限定にて開催中です。

私のような非力者が、楽しみながらほんの少しばかりお手伝いさせて頂きました。

2011 07 23_0741

「精密画」 乗り物全般から建物まで、「写真」ではないまさに「絵」の存在感、
乗り物の重量感や陰影など、素晴らしい作品の数々およそ80点が展示中です。

栗原画伯は、写真と本当に間違えてしまうほどの作品を作る事も出来ます。
ですが、それゆえ「絵として」作品を創る事が大変難しいそうです。

2011 07 23_0739

2011 07 23_0740

私の大好きな旧型電気機関車たちも居ます。
EF58、EF15、EF16、EF59、そして少し近代のEF65P、EF62、EF63・・・

さらには田端運転所の撮影マニアにはお馴染の場所のスケッチで描かれたDE10も・・・・

オート三輪、昔の自動車やバス等、論ずるより見るが如し!!
是非、足をお運びください。

2011 07 23_0744

2011 07 23_0745

絵葉書など販売もあります。

で、話が戻りますが・・・・・
開催前夜、牛舎8号ホストの奥様Keiさんと私、そして栗原画伯の3人で準備をしていた時の事・・・・
Keiさんが、「この中で一番好きな電車ってどれ??」と聞いてくれたので、私は迷わず
「栗原電鉄の電車」の絵画があったのでその電車ですね、と答えました。

「栗原電鉄」とは鉄道好きな方はご存知ですよね。宮城県の栗駒の田園地帯をトコトコ走るローカル路線で、
いつかは乗ってみたかった、いつも母親の実家に帰る新幹線の中から線路を睨んでましたが、
とうとう1回もその姿を見ないまま、合理化でディーゼルカーでの運行となり・・・・・
さらに路線自体も廃止になってしまいました。

そんな話をしていたら、栗原画伯はその話を聞かれていてなななんと!!!!!!

翌日・・・・・・・・

2011 07 23_0750

その「栗原電鉄の電車」のこの大きな絵を、非常に恐縮ながら頂きました。
2009年JRディスティネーションキャンペーンの際に
栗原市細倉地区で行われた栗原画伯の特別展に出品されたものです。
(旧栗原電鉄、栗原市、栗原画伯が入り混じった文章で大変失礼なんですが、今回だけはウケ狙いではありません事を堅くお断りしておきます。)

これは「家宝」として、大事にして行きたいと思います。
本当に、恐縮してしまって自分の気持ちがコントロール出来ませんでした。
嬉しさを表現出来ない気持ちと、本当に私なんかにいいのかなという気持ちがグチャグチャになって・・・・・

「受けた御恩は倍にして返せ」とはうちの父に常に教えられて来ました。

ですので車で5分という近場ですから、時間が空けば寄り自分で出来る範囲で不都合箇所の修繕をやらせて頂きたいと思っております。

是非とも皆様も足をお運びください。
なお東京の浅草セントラルホテル内 歴史のりもの博物館内では栗原大輔画伯の精密画常設展示場が御座います。
そちらの方にもどうぞ!
栗原大輔精密画美術館

また、いすみ鉄道デンタルサポート大多喜駅でも少量絵葉書など御座います!!。

※今回の記事には著作権にかかわる画像が御座います。
※ブログ写真撮影は許可を得ております。

さて管理人は今日、「ぽっぽや体験」に参加して来ました。
その記事は後ほど!!

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kiha200kiha52.blog67.fc2.com/tb.php/442-c217b6a0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫