FC2ブログ

キハ200が走ってこそ小湊鐵道。

 2011-08-26
IMG_1163.jpg
キハ208号(ぽっぽや体験参加時、構内踏切を渡りながら撮影)

昭和36年から断続的に製造され、1両を除くすべての車両がいまだ現役である小湊鐵道キハ200ですが、その保守には、大変な苦労があると察します。

DMH17cエンジンは国鉄型車両に広く用いられたエンジンで
10系気動車から40系列まで、気動車用エンジンとしてのパイオニアでした。
9/8訂正 キハ40系列は違いますね、お詫び申し上げます。

しかしながら現役国鉄車両でも、エンジンを取り替えた車両が殆どとなっております。
そのエンジンを取り替え車体更新された車両でさえ、廃車が進んでおります。
JR東海では、新鋭キハ25系登場によりキハ40系を置き換える計画です。

キハ40系列を本格的に置き換え対象としてターゲットにされたのは初めてではないでしょうか?
(玉突き配置を除く)

そんな中キハ200が走り続けている事は、会社の技術者・職人の腕や技術に支えられていると思います。


確かに1形式しか走っていないので、多少残念な所もありますよね。
かくいう私も、複数形式存在してればなと思っておりました。
しかし最近、そんな気持ちも無くなって来てます。

そりゃ、鉄道マニアの視点からすると国鉄型が走ってくれないかなとか、
キハ5800の復活、保存SLの復活など期待してしまうのは仕方ありません。

聞く所によれば、保存してあるSLを復活させるのには車軸がダメなので
ボイラー復活費用込で軽く1億円と試算されております。

またキハ5800は半鋼体車ですので、トンネル通過は課題が残ります。
さらにATSも未装備ですし、やはり不可能な話なのです。

これから新車を入れる場合は、国土交通省の規定により保安設備をATS-Sx型にしなければならないようです。
ですので、新車費用の他に絶対信号に対する絶対地上子の設置などの地上設備の追加、
既存車両への車上子改良等の設備投資が必要になります。
地方私鉄でさえこれが求められてます。

小湊鐵道の場合ATSは確認扱いボタン自体無く、赤信号冒進は地上子通過とともに非常ブレーキが掛かります。従いまして遠方信号機を除きすべて絶対信号となりますのでATS-Sx型に準じていると思われます。

いすみ鉄道の場合は、JR時代からのS型が用いられておりますので
新車を導入する場合はSx(恐らくJR東日本のSn)に改良しなくてはならないのです。

小湊鐵道の地上子の周波数がSxの絶対信号停止現示と同じであるかどうか不明ですが、万一相互乗り入れする場合はどちらかのATSに統一しなくてはならないようです。


話が脱線しましたが、戻しますと・・・・・

久留里線のキハ30国鉄一般色も好きですが・・・・・
(私の個人的意見としては1両位は首都圏色にして欲しかったのですが、でも3両繋がった編成美を見るとこれが正解なのかなとも思います)
やっぱりこのツートンカラーのキハ200が揺るぎなく走っている現状こそ、小湊鐵道の魅力なんですよね。

車両維持に係る職員の方々が我が子のように手入れをして、そしてこの車が現在でも綺麗な姿で走っていると言う事、先日検査中の車両の点検を垣間見た際に改めて思いました。


かたや、いすみ鉄道のいすみ200型も昭和63年製造です。
しかも元々耐用年数が普通の鉄道車両の半分以下で設計されたのにも関わらず、
いまだ現役主力車両で走っている事も大変なんだろうなぁ・・・・・と察します。

同時期に第3セクター化された真岡鉄道の同じ車両はとっくに新型に置き換えられ、
わたらせ渓谷鉄道の同車両も、極僅かに残るのみとなってます。


いつまでも鉄道車両が走り続ける嬉しさを感じながら・・・・・・・・・・・・


にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに登録いたしました。
どうか↓バナーの清き1クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ




タグ :
コメント
たしかにおっしゃるとおり、ここまで小湊鉄道が愛されている
理由も「キハ200」にあるのでしょうね。

これがいきなり新型車両に変更されたら、きっと違和感ありますね。
地元の風景に溶け込まない点でも・・・・

とはいえ、整備している方々からすれば、大変なご苦労なんですよね。
そんな関係者の皆様に感謝感謝、ですね。
【2011/08/28 23:59】 | 房総アンカー愛好家 #0BAa.1kQ | [edit]
房総アンカーさん、こんばんは。

トミーで発売したNゲージサイズのコレクションモデル鉄道コレクションシリーズでの「キハ200」は本社直売分は一人当たりの数量を2個までに決めたのに、何と3日で売りきれたそうです。
それだけ人気が高くなっております。

DMH17エンジンの唸りはまさに「ディーゼルカー」の音!
しかしながら補修は相当大変なようです。

車に詳しい房総アンカーさんなら私なんかよりずっと分かると思いますが・・・・・

でも初期車に関しては、本当に寿命が来ているそうです。
また線路補修も急務な箇所があるそうで、保線の方々のご苦労も絶えないと察します。
【2011/08/29 22:43】 | EcoPower影武者 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kiha200kiha52.blog67.fc2.com/tb.php/471-fd569fb7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫