FC2ブログ

久留里線トロッコ列車の思い出とか・・・・

 2011-10-21
blog_import_4def9e4b0a2fe.jpg


千葉ディスティネーションキャンペーンの年と、翌年に久留里線で「びゅーコースター風っ子」を使用して、
トロッコ列車が走りましたね。

1年目は満員御礼だったのですが・・・・
私が乗車した2年目は・・・・・

blog_import_4def9e5b5ba5c.jpg

乗車率50%といっても過言ではありませんでした。

3月の週末のみに運転だったのですが、早速2年目で飽きられてしまったようです。
それが起因してか、翌年から運転はありませんでした。
1年目は沿線でもカメラの砲列だったのですが、2年目は打って変わって静か~~でした。

翌年に走ったのが、旧型客車の「のんびりくるり」号でしたね。
2両の旧客に2両のDE10がサンドイッチ、しかも向きを変えて両側ともキャブが客車側に来るようにして
編成美を作ってました。

090320_105302.jpg
木更津にて。携帯で撮影につき画像が悪くてすみません。(一眼でも下手ですが

ところでこの「DE10 1202」ですが、近年リニューアルされ発売されたNゲージカトーのDE10耐寒型にナンバーが入ってますよね。
と言う事は元は旋回窓があったのでしょうか???
う~~~ん、謎!

そういえば最近1202号機を見かけない(木更津に行ってませんが)気がしますが・・・・

おいでよ房総物語の時も、1751号機と1752号機のペアでした。連番とな狙ったのでしょうか??

P2110006.jpg

この時運転手さんとお話ししたのですが、宇都宮運転区のDE10は重連総括制御を外してあるそうです。
(過去記事にも書いてますが再掲と言う事ですみません)

SL運転も、内房線C57(しかも門デフでしたよね?個人的には・・・・)以来運転されてません。
たとえDLでもいいから客車列車が走ってくれたらな~~と思います。
「いすみ鉄道」さん、どうですか??(笑)

それか春の「菜の花&サクラ」のシーズンにこのJR東日本の「びゅーコースター風っこ」を借り入れて、
キハ52と併結して走らせたらいいいでしょうね~~~~。
常にキハ52を前に繋げれば運転士に対して訓練も要らないかもですね。(キハ40系も基本運転操作は同じですがもしかしたらATS-Ps搭載なので)
小湊鐵道でも、キハ200でサンドイッチすれば走らせる事が可能ではないでしょうか???


それでは、今日も見て下さりありがとうございました。

にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに参加中です。
出来ましたらご訪問の際に下の「ローカル線」バナーを1クリックして頂けると大変有難く思います。またいつもクリックして頂き本当にありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ






タグ :
コメント
イベント事は、続けていくのはやはり大変な事なのですね。

リピーターと新規参加の方々を同時に獲得していかないといけない訳ですから、
企画者は本当に大変ですよね・・・。

それにしてもこういう機関車、懐かしく思ってしまうのは、自分だけ??
以前は、外房線にも時折走っていましたよね~~。

当然、これからもマダマダ現役なのですよね?
【2011/10/22 22:26】 | 房総アンカー愛好家 #0BAa.1kQ | [edit]
房総アンカーさん、こんばんは。

SL運転だと沿線警備で、むしろ赤字じゃないでしょうか(汗)

いすみ鉄道社長の本には、SL運転を何年後かに必ずやってみせますと綴られてます。
もし実現したらそれは凄い事になるでしょう。
しかしながら、鉄道イベント全体に言える事なんですがどんな事をやっても「飽きられてしまう」のです。そこをどうやって行くのかが手腕を問われる所になるんです。
JRでしたら、いろんな列車を持ってますので多彩な事が出来ますが、列車種類が限られる私鉄や第3セクターは大変だと思います。キハ52だっていつかは飽きられるのは必然な事です。

DE10はJR貨物は後継機(ハイブリッドディーゼル車!)を運用開始しましたが、それでもまだまだJRも含めて多く活躍しています。私的にはDD51の里帰り、高崎の897号機(良く外房線でジョイフルトレインを引いていたナンバー)が12系を牽いてくれたら感無量なんですけどね~~~
やっぱり千葉といえばDD51です!!
【2011/10/22 23:57】 | EcoPower影武者 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kiha200kiha52.blog67.fc2.com/tb.php/510-86cd914c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫