ほっとステーションを目指して!!

 2011-11-29
いすみ鉄道 社長ブログ 国吉駅の駅長さん

12月11日キハ52型1周年イベントで正式に「国吉駅駅長」になられる
栗原大輔画伯ですが、土休日を中心に既に活躍開始され駅長職も立派になされております。

私が画伯に初めてお会いしたのが、実はキハ52の乗車会だったのです。


いすみ鉄道は、会社はもとより応援する全ての人々が同じスタンスを持っておられると思います。
「何かホッと出来る環境を作り、来て下さる皆様に心のふるさとを提供したい」

正直言いまして、本当に当地いすみ地域は観光資源に乏しく、「何もない」とも言えます。
地元の皆様ごめんなさい、でも私も地元民ですから・・・・・・・


しかしながら、割と東京からも近くこれだけの自然が残っているのは「財産」だと思います。

また地元の人は、私も含めて少し人見知りでぶっきらぼうな所もありますが・・・・・
「客人をもてなす」という事に関しては、何処にも負けないと思っております。


この時期暖かな日差しのもと、国吉駅の下りホームにいらしてベンチに腰をおろしてみて下さい。
そして無料で頂けるハーブティでも飲みませんか??

どんな些細な悩みでも、抱えていると雪だるまの如く膨らんでしまいます。
どんなに辛い事でも、登れない壁は無いと私は思います。

ちょっと疲れたら、何もないですが里山の風景でも眺めに来ませんか??


私も、一年前はとても悩んでいました。
ちょっとした病気にもなりました。

ですが、他人に馬鹿にされ散々にされたのに、救ってくれたのは他人だった友人の皆さまでした。


そんな「贈り物」をしてくれたのも、キハ52だったり、キハ200だったりするんですよ。


だからこそ「房総横断鉄道」を、これからも出来る限り応援して行きたいと思っております。


にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに参加中です。
出来ましたらご訪問の際に下の「ローカル線」バナーを1クリックして頂けると大変有難く思います。またいつもクリックして頂き本当にありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ















タグ :
コメント
おっしゃるとおり・・・「何もない」って事はありませんよね。

人々が気付きにくい事がかけがいのない事だったりしますからね(自然などは特に)
利便性や効率を追求してしまうと、たしかに便利ですが、それにより失う事も
ありますしね。

自然あってのフライフィッシングですしね。
【2011/12/01 23:03】 | 房総アンカー愛好家 #0BAa.1kQ | [edit]
房総アンカーさん、こんばんは。

元来、人間は自然の中で生活していたのですから、
自然に触れるとリラックス出来るというのは至極当然なのかもしれませんね。

【2011/12/02 23:53】 | EcoPower影武者 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kiha200kiha52.blog67.fc2.com/tb.php/546-556d37f6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫