FC2ブログ

九州ふらり旅?旅情編その2 九州周遊編

 2010-12-19
12/11 昼の部
 
さあ、今日から土日九州新幹線?特急自由席も乗り放題のキップで九州を回ります!!
 

 
今日も朝早くから。門司港5:46発リレーつばめ1号?新幹線つばめ1号で一気に鹿児島中央へ。
 

 
同一ホームで乗り換えです。
鹿児島本線からこのホームへの接続線の途中で、狭軌?標準軌への変換装置?らしき物が設置されてました。フリーゲージトレイン(新幹線と在来線の線路幅の違いを克服する試験車両)の為の物でしょうか。
 

あっという間に鹿児島中央でした。
 
ここから今回の目玉かも?肥薩線の旅が始まります。
特急はやとの風で吉松まで。
 

 
桜島。車窓からイルカが見える日もあるとか。
何処にイルカね???
 

 
嘉例川という駅でしばし停車です。
しかし、この列車は次の「いさぶろう・しんぺい」と共に完全に「観光列車」です。
特急料金はサービス料と考えるのが妥当です。
車内販売や観光案内などを行うアテンダントも乗ってます。
 
で、ここの駅弁は車内で買えるのですが、

 

 
この駅弁が絶品でした!!
私は元々、乗り鉄をしていた時代でも駅弁は食べない方でした。
本当に美味しかった!どのオカズも混ぜご飯も美味しい!
また来る機会があったら絶対に食べます。九州駅弁ランキングでも常時1位だそうです。
 
唯一、食べてリピーターになったのは中央東線小淵沢駅の「高原野菜とカツ弁当」
あれも、野菜が旨いのと、対値段を考えると素晴らしい駅弁だと思います。
最初に食べたのは新宿から小海線に直通していたかつての臨時快速「葉ッピー清里」車内でしたが・・・
今考えると何とも「強引な」列車だった・・・・新宿から出発し、小淵沢から小海線に入るのに、
非電化の小海線はディーゼル機関車が引っ張って、しかも橋梁が弱いので出力の小さい機関車しか
入れないのであの清里までの登り勾配は何とか登っている状態でした。
 

 
終点吉松からは、「しんぺい2号」に乗り継ぎです。
この列車は、普通列車ですがやはりはやとの風号同様に観光列車です。
こちらは普通列車ですがその変わり殆どの席が座席指定になってます。
週末に乗る場合、指定券を購入しておく事をお勧めします。
自由席は八代側運転席後ろのロングシート7名分しかありません。
私もあわてて指定券を購入したらギリギリでした。
 
ここから肥薩線も山越えになります。
かつて、薩摩への鉄道開通を最初に行ったのが肥薩線でした。
戦時中で海沿いの川内ルートは敵からの攻撃を考慮して避けたためで、
蒸気機関車が登れる最急こう配の30パーミル(30/1000)勾配とスイッチバック、ループ線を駆使。
そしてサミットの矢岳第一トンネルでは出水や落盤により多くの犠牲者が出ました。
 

いさぶろう、しんぺいは上り、下りで列車名が違うだけです。
 

 
まず最初のスイッチバック、真幸駅では地元の人がお出迎え、
野菜などの直売などを行っておりました。
 

 

 
駅名「真幸」にちなんで、幸せの鐘がホームにありました。
ちょっと幸せの方は1回、もっと幸せを願う方は2回・・・・とありますが
私は3回鳴らしました。
 

 
写真右手の土手が八代方の線路、この先に引き上げ線があり一旦そこへバックしてから・・・・
 

↑今走って来た吉松方の線路
↓そして再度方向転換。停車した真幸駅を見ながら坂を登ります。
 

篠ノ井線の姨捨のようにスルー構造ではありません。
絶対に真幸駅でバックしないと先に進めない構造になってます。
あっ、書き忘れましたが今回の旅唯一の宮崎県の駅です。
 

 
そして、日本3大車窓という所で停車・・・・・なのですがご覧の通り生憎の天気
晴れの時の車窓は
 

 
こうだって
残念・・・・・
でも説明していたお姉さんが日テレの西尾アナみたいな綺麗な人だったのでドサクサに紛れて撮ったかな
 
そして幾つものトンネルを抜け熊本側へ。
 

 
矢岳駅では、肥薩線で活躍していたSLが保存されてました。
 

 
そして、ループ線にスイッチバックがセットになった究極の駅、大畑駅に到着です。
大畑駅が見渡せるという所で停車も、やっぱり生憎の天気でうっすらとしか見えませんでした。
写真に撮りましたが全く分かりませんのでアップ見合わせました
 



 
次はもう人吉です。
思っていた以上に肥薩線は楽しめました。
JR九州も、不採算路線をよくぞここまで観光路線に特化しているなぁ?と感心しました。
土曜だったせいもありますが、列車はもう1両繋げて欲しい程盛況でした。
 

 
人吉到着。ここからは「九州横断特急6号」で本日の目的地大分まで。
八代?熊本?豊肥本線?大分とまた長い車中です。
 
列車は、日本3大急流の一つ球磨川に沿って八代まで、肥薩線と別れを告げ熊本からまた九州横断。
豊肥本線に入ります。
 

元々JR四国の車両だったキハ185系。
運転席半分は展望スペースです。
肥後大津までは電化もされていて利用客も多い様子です。
 
この展望スペースで撮った動画で初めて「動画のブログアップ」をやって見ました。
 
 
いよいよ山地に入って行きます。阿蘇山をまたスイッチバックで・・・・
立野駅スイッチバックです。
 



 
坂を登りきると、阿蘇山のカルデラ内に入ったのか割と平坦な地形になります。
外輪山が「お釈迦様の寝姿」に見えると言う事で・・・・↓

 
あとは阿蘇駅にてキハ58系「あそ1962」号との交換シーン動画、前駅通過からで長いですが・・・・
半分過ぎくらいから見てください。動画編集が出来ない身なので・・・・・・・・
 
 
そして、大分側はひたすら下り坂。日も落ちて薄暗くなる中今日の目的地大分に無事到着です。
 
12/11 夜の部
 
今日の車内で、携帯からしっかり大分駅前の押忍!操設置店を検索しておきました。
その最中、後輩からメール。「そちらでは操は無いのですか?」
相変わらず察しの良い人間である。バレマシタ・・・・
 
大分駅前に3台設置と5台設置の店があり、3台設置の店はホテルの真向かい(笑)
まず5台の店に向かいましたら、店全体の稼働も操の稼働も最悪なため、3台設置の店へ。
こちらのほうがマシでしたが、やっぱりここでも操は不人気です。
全台空き台でしたので適当に腰をおろします。
 
今回は「チャンス目1回引くまでやる」というのがこの旅での操引退一時却下恩赦?の条件(爆)
 
昨日の門司港は、チェリーでボーナスが入って始まりました。
 
今回は、6千円でチャンス目が・・・・・ヒットしました。バケですが・・・・・・・・
 

しかしその32G以内でライブボーナス、つまりは天国ほぼ確定♪
 
2回もチャンス目拾ったのに、無限にならなかった・・・・・・・・・・・・
こんな事だったら、市原市の麺屋「むげん」のラーメンを食べて来れば良かった。



 

 
朝イチ300回転ボーナス無しをここまで育て、天国抜けでヤメ。
 

 
結果↑
ここは等価だったので、2千円程浮きました。
これでこの旅での押忍!操収支はプラマイゼロ。生涯収支にキズを付けず、また歴史も残しませんでした。
 
その後、タクシーに乗り「立ち寄り温泉に連れてって」と頼んだら、凄く良い所だった!
大分駅前から1回だけメーター上がっただけ。九州弁の強い運転手さんでした。
おかげで、ビジネスホテルで不自由していたユニットバスの入浴から久々解放され、リラックスです。
 
その隣には商業施設があり、大分とんこつラーメン(実況記事通り)を食べましたがノックアウト。
何とか麺だけ食べて、向かいのモスバーガーで焼肉ライスバーガーを注文。口直ししました。
 
明日は予定だと久大本線で長崎に、と思いましたが日豊本線に乗って無いのでとりあえず経路変更です。
 

 
12/12 昼の部
 
正確に時刻を決めず、目ざまし掛けませんでしたが6時に目が覚めましたので起床。
大分発6時41分の日豊本線ソニック6号で今日の旅スタート。

 
海岸線の向こうに四国も見えたような気がします。
宇和島あたりでしょうかね??それとも違ったのかな・・・・・・
 
博多に8時59分着。9時発かもめ号に間に合いましたが、ここで次男の土産に九州の車両を写真に収めるため
1本遅らせました(車両編に収めます。)
特急「みどり・ハウステンボス号」で長崎本線へ。
 
佐賀を通り点在する窯元を眺めながら早岐に到着です。
ここで列車が佐世保行き「みどり」・ハウステンボス行き「ハウステンボス」に2つに分かれます。
さらに肥前山口でも長崎行きの「かもめ」を分ける「3階建て列車」も存在します。
 
早岐での分割シーン↓
 
私は佐世保行きに乗ってまして、1分差で発車と時刻表で確かめ撮影してましたが、
車掌がドアを閉めそうな雰囲気でしたのでチョット焦りました。
 

 
佐世保到着??
駅構内で「佐世保バーガー」が売ってましたけど、私の嫌いな物が挟まれていたのでパス・・・・・
 
大村線の快速に乗り、長崎へ向かいます。
 

 
ハウステンボスを車中より。
 



 
大村湾は入り組んでいるにも関わらず、凄く綺麗でした。
海や川を大事にしている様子が伝わって来ました。
 

 
諫早から再度長崎本線を走ります。
市布経由で長崎へ。
 

 
少し時間を潰したあと、諫早に戻るのにもう1ルートある長与経由「長崎本線」を通ります。
両方とも「長崎本線」です。似た例に函館本線の七飯?大沼?森がありますね。(こちらはさらにツイスト状)
 
日中は、大村線直通の普通列車がその役目を勤めます。
大村線快速と長崎本線全列車は市布経由です。朝夕に長与折り返しや諫早止まりの長崎本線列車があります。
 




 
市布経由では内陸を走るのですが、こちら長与経由はミカン畑と大村湾の眺め。
 
程なく諫早到着。ミスドで腹ごしらえ(笑)して「白いかもめ」に乗り、博多まで一気に戻ります。
肥前山口までは単線区間で、行き違い停車も多く30分毎に走る特急とさらに普通電車、貨物まで。
信号所も駆使して走ります。折角の高性能振り子特急車両が勿体ない。
外房線の税金で作った複線区間は、それに比べると何とも持て余しているな・・・・・・・・・・
 

「白いかもめ」車内。JR九州は粋な車両が多いですね。
 
辺りが暗くなり、鳥栖から鹿児島本線を突っ走り程なく博多でした。
本日の宿にチェックイン!
 
12/12 夜の部
 
ホテルから地下鉄で天神の繁華街へと散歩へ出かけました。
 
夜ご飯はあの「一風堂」の本店で食べました。※ラーメン記事で詳細アップします。
 
天神はとても賑やかな所でした。

公園のイルミネーション
 
ホテルの帰りは中州を通って徒歩で帰りました。
本当は屋台で飲みたかったですが、一人だし禁酒指示中の身、諦めました。
風俗街に迷い込み、呼び込みを何とか交わしながら・・・・・オトコの理性を何とか何とか交わして・・・・
 
ホテル近くのコンビニで缶ビールとチューハイを我慢しきれず、おつまみと一緒に買ってホテルで
一人寂しく飲みました・・・・・
でも、寝る前に一応薬を飲んで、また目覚ましを掛けずに就寝。明日の予定は決まってません。
 

12/13
 
起きたら、だいぶ疲れが溜まっていてとても青春18きっぷ普通電車乗り継ぎは無理でした。
博多から、のぞみで一気に東京へ。帰途に着きあっと言う間に自分の家に(笑)
 
 
久しぶりに長い一人の時間で、観光も碌にしませんでしたが自分的には中国?九州の土地勘も出来て、
また車窓を眺めながら色々な事を考える事も出来て良かったかも知れません。
 
長い記事、完読された皆様ありがとうございました
 
※鉄道車両の写真は次い記事にアップします。
 
 
 
 
 
 
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://kiha200kiha52.blog67.fc2.com/tb.php/92-43bd1cf3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫