FC2ブログ

房総横断鉄道2014を振り返る 冬編

 2014-12-29
世間はもう年末ですね。
歳を重ねるごとに歳月が経過するのが早くなっているような気がしますが
これは先輩たちによく言われてきた事でもあります(笑)。

さて、今年も小湊鉄道・いすみ鉄道とも色んな話題がありましたよね、

写真とともに振り返りましょう。

012.jpg

IMG_05641h2-11.jpg

IMG_05455.jpg

今年の冬はよく雪が降りました。
とくに2月の大雪では列車運行不能や土砂崩落などに悩まされました。

IMG_0707.jpg

IMG_07072.jpg


IMG_0527h2-8.jpg

また、いすみ鉄道ではキハ52の塗装変更を記念して2回目の夜行列車の運転が行われましたが
運転前日には大雪に見舞われ、一時どうなるかとやきもきしましたが、無事に運転されました。
これには心底ホッとしたのを覚えています。
これ以降夜行列車もすっかり大人気商品として運転回数を重ねました。

IMG_0740h2-16.jpg

IMG_0713H2-16.jpg

DPP_0000445.jpg


早春、今年の菜の花は残念ながらあまり芳しくありませんでしたが
それでも春の先どり感を味わうことができました。

IMG_0900h3-20.jpg

IMG_0901h3-20.jpg


そして、前年の10月豪雨により不通になってしまった、小湊鉄道の養老渓谷~上総中野間は
いちはらアートミックス開催直前に開通しました。

復旧一番試運転列車@上総中野

IMG_0918h3-19.jpg

また、いすみ350形352号がDebut!!
いすみ351号との細かな違いも話題になりました。
本線試運転@第二五の町踏切より 

IMG_0769h2-17.jpg

こうして、いつになく寒かった冬も過ぎていきました。

続きは2014春編にて。

カテゴリ :房総横断鉄道 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :

2014/11/23 養老渓谷 紅葉まつり 

 2014-11-20
10419591_1513367118917833_2452756106115226335_n.jpg

こんどの週末です。いろんなイベントが各地で開催されます。
お誘い合わせの上お出かけください。

周辺道路は混雑が予想されます。
この機会に小湊、いすみ両鉄道をご利用ください。

養老渓谷駅では、臨時駐車場と粟又の滝および梅ヶ瀬方面へのシャトルバス運行もございます。
こちらもぜひご利用ください。
小湊鉄道パーク&ライドバス←リンク小湊鉄道HP

紅葉まつりについて←リンク大多喜町HP


房総横断鉄道の夢に乗る Facebookページ←リンクからお入りください。

絶好調運転中です!!
最新情報・facebookだけの更新も行います!
こちらの更新がない日は、Facebookページの更新となります。
アカウントをお持ちのみなさま、是非!ページにいいね!お願い申し上げます。

にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに参加中です。
ご訪問の際には、下の「ローカル線」バナーをクリックして頂けると大変うれしいです。
いつも本当にありがとうございます。


にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ←ポチッ!お願いします!!


タグ :

Y!mobileのCMは

 2014-08-07
前の記事で、おそらく川間か?

と思いましたが、どおやら違うようです。

ガードレールが遠くにチラッと映りますが、川間には無い位置関係です。

恐らく、光風台あたりでしょうか。

一瞬なんで、よく分かりませんね。


さて、あと1日で週末です。

お盆休み前の週末、ショートトリップに小湊鉄道、いすみ鉄道横断の旅はいかがですか?

田んぼの稲穂も色づき始め、早い所では稲刈りが始まってます。

直売所ではすでに新米も売っている所もありますよ!




タグ :

2月1日発売 鉄おも!2014年3月号で房総横断鉄道

 2014-02-06
2014-2-6-1.jpg

おでかけしよう!スペシャル

春さきどり!小湊鐵道&いすみ鉄道

と、題しまして特集が組まれております。

タグ :

いすみ鉄道、小湊鐵道 連絡乗車券「硬券きっぷ」

 2012-10-08

夏休みに「房総横断列車」運転と同時に発売されました、

「大多喜から養老渓谷ゆき」きっぷのご紹介です。

大変鮮度落ちネタではありますが、まだまだ発売中です!!

P2012_1008_223235.jpg

国鉄地紋の硬券きっぷです。

コレクションにも如何でしょうか!

発売箇所:大多喜駅、いすみ鉄道急行列車車内販売

発売額:590円

途中下車無効ですが、上総中野駅のみ可能です。


本当の「房総横断列車」実現の足掛かりにもなると思われますので、

ぜひご利用ください。

タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫