FC2ブログ

JR久留里線さよならタブレット記念講座に行って来ました。

 2012-02-25

JRびゅう商品JR久留里線さよならタブレット記念「昭和の香り」を感じるタブレット講座

最初に重大ニュースです、好評につき追加設定されました!!

最初に言っておきますが、絶対「参加すべし!!」です。

正直、5,800円はチョット高いなと思いましたが、参加内容は予想以上でした。

値段では変えられない貴重な体験が出来ますよ!!


っと、いきなりJRのまわし者みたいになってしまいましたが・・・・・

今日のAMコースで予約してましたので、次男と参加して来ました。

IMG_5256.jpg


最初に「タブレット講座」からでした。

IMG_5267.jpg

タブレット講座と言う事で、説明だけかなと思っておりましたが、実際に閉塞機に触れる事も出来ました。

IMG_5263.jpg

一応「JRのサプライズイベント」なんで詳しい説明は避けます。

IMG_5270.jpg
これは閉塞機内部のシースルー画像です。
案外と単純なんですね。

しかし、初めて触る閉塞機は私にとってはもう興奮ものですよ!!

「チン!チン!」「ボン!ボン」という音が何ともいいですね~~~~

この音の違いは電鈴の形式違いによるものです。(ボンと鳴るのは蚊取り線香みたいな形の鐘です)


で、説明から実際に「タブレット閉塞」を再現してみます。

IMG_5280.jpg
次男が駅長の2本線で、私はヒラ駅員ですw

まず、木更津駅として設定します。

列車を向ける閉塞駅、横田駅送信電鍵(向かって右側のスイッチ)を3打。(3打は電話連絡の意)すると、横田駅からも3打「チン、チン、チン」と電鍵が返ってきます。これで両駅で電話を取ります。IMG_5282.jpg


そして、「933D 閉塞」と伝え、横田駅からは「933D 閉塞 承知」と確認復唱が来ます。


さて、いよいよタブレットを取りだす作業です。

IMG_5280.jpg
同じ写真ですが(汗

再度送信電鍵を2打(列車を出発させても良いかという合図)
その後同じく横田からも2打「チン、チン」

そして再び、今度は送信電鍵を長押しします。

そうすると、横田駅では検電針が「半開」に振れますので、横田駅閉塞箱の解錠電鍵(向かって左のスイッチ)を押しながら閉塞機下部のスライドを引き「半開」状態にします。(タブレットは取れない)その後こちらに向かって通信電鍵長押しで木更津駅閉塞箱の検電針が「全開」になるので解除電鍵を押しながら閉塞機下部のスライドを引いてめでたくタブレットを取りだします。

そしてタブレットキャリアーに収納して、出発信号を進行現示にして運転士に渡します。

「通票サンカク!横田!」
IMG_5291.jpg

で、列車が発車して行きます。

IMG_5293.jpg

列車が発車したあと、出発信号を定位に戻し(停止現示)

横田駅に列車が出発した事を知らせます。

閉塞機送信電鍵3打横田駅からも3打「チン、チン、チン」

電話を取り「933D 1分延 現発!」と、復唱で横田駅も「933D 1分延 承知!」

そして列車が横田駅に到着し、タブレットを閉塞機に入れた後(詳しくは後延)4打「チン、チン、チン、チン」と連絡が来ます(4打は閉塞解除の要求)
こちらからも送信電鍵4打で承知を知らせ再度横田駅で送信電鍵を長押しすると木更津駅検電針が半開に触れるので、解錠電鍵を押しながら下部スライドを前開から定位に押し込み、これでタブレット閉塞が完了します。

何だか訳分からないかもですね。これは何回もやらないと覚えません・・・・・


次に到着側を簡潔に・・・・・

横田駅の設定で。

IMG_5307.jpg
木更津駅から933Dを迎えます(列番はどうでもよいですが・・・)

連絡3打「ボン、ボン、ボン」
こちらも3打で返します。

IMG_5311.jpg


電話を取り「933D 閉塞」と木更津から連絡こちらも「933D閉塞承知」と返す。

次に木更津から2打「ボン、ボン」返してこちらも2打送信

そして木更津から送信電鍵長押しされこちら横田の検電針が「半開」になるので解除電鍵を押しながら閉塞機下部スライダーを引いて「半開」にする(もちろんタブレットは取り出せない。

IMG_5312.jpg

IMG_5313.jpg


そして送信電鍵を長押しこの間に木更津ではタブレットを取り出す。

木更津を列車が出た知らせ「ボン、ボン、ボン」こちらも3打で返して電話に出る。

「933D 定時 現発!」「933D 定時 承知」

で、列車を迎える。

運転士からタブレットを回収「通票サンカク!」

IMG_5318.jpg

そしてキャリアーからタブレットを取り出し、通票機上部スライダーから収納し下部スライダーも半開から定位に戻す。

IMG_5322.jpg


列車が到着し閉塞解除を通信解錠4打で木更津に知らせる

IMG_5325.jpg


木更津からも4打で「ボン、ボン、ボン、ボン」と返答。
これで完了です。


是非、国吉駅でやりたい!!!

JRさんお願い~~~~閉塞機欲しいですよ~~~~
「千葉県文化財」としてやりたい!!!!!

ふうう・・・・記事書くのに疲れました。

続きは明日で~す。

また明日は国吉駅勤務、駅長不在のためタブレット扱いをやります。

では、みなさまお休みなさいませ。

にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに参加中です。
出来ましたらご訪問の際に下の「ローカル線」バナーを1クリックして頂けると大変有難く思います。またいつもクリックして頂き本当にありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ

タグ :

久留里線動画編集2点ほど

 2011-11-22
過去に編集し、YouCubeにアップしましたがお蔵入りになりました
久留里線関係の動画を2点再度アップ致しました。
宜しければご覧下さいませ。

キヤ検とタブレット~~久留里駅



キハ30の3連走行シーン



今夜も寒いですね。
風邪などお引きにならないようにご自愛くださいませ。

にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに参加中です。
出来ましたらご訪問の際に下の「ローカル線」バナーを1クリックして頂けると大変有難く思います。またいつもクリックして頂き本当にありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
タグ :

久留里線トロッコ列車の思い出とか・・・・

 2011-10-21
blog_import_4def9e4b0a2fe.jpg


千葉ディスティネーションキャンペーンの年と、翌年に久留里線で「びゅーコースター風っ子」を使用して、
トロッコ列車が走りましたね。

1年目は満員御礼だったのですが・・・・
私が乗車した2年目は・・・・・

blog_import_4def9e5b5ba5c.jpg

乗車率50%といっても過言ではありませんでした。

3月の週末のみに運転だったのですが、早速2年目で飽きられてしまったようです。
それが起因してか、翌年から運転はありませんでした。
1年目は沿線でもカメラの砲列だったのですが、2年目は打って変わって静か~~でした。

翌年に走ったのが、旧型客車の「のんびりくるり」号でしたね。
2両の旧客に2両のDE10がサンドイッチ、しかも向きを変えて両側ともキャブが客車側に来るようにして
編成美を作ってました。

090320_105302.jpg
木更津にて。携帯で撮影につき画像が悪くてすみません。(一眼でも下手ですが

ところでこの「DE10 1202」ですが、近年リニューアルされ発売されたNゲージカトーのDE10耐寒型にナンバーが入ってますよね。
と言う事は元は旋回窓があったのでしょうか???
う~~~ん、謎!

そういえば最近1202号機を見かけない(木更津に行ってませんが)気がしますが・・・・

おいでよ房総物語の時も、1751号機と1752号機のペアでした。連番とな狙ったのでしょうか??

P2110006.jpg

この時運転手さんとお話ししたのですが、宇都宮運転区のDE10は重連総括制御を外してあるそうです。
(過去記事にも書いてますが再掲と言う事ですみません)

SL運転も、内房線C57(しかも門デフでしたよね?個人的には・・・・)以来運転されてません。
たとえDLでもいいから客車列車が走ってくれたらな~~と思います。
「いすみ鉄道」さん、どうですか??(笑)

それか春の「菜の花&サクラ」のシーズンにこのJR東日本の「びゅーコースター風っこ」を借り入れて、
キハ52と併結して走らせたらいいいでしょうね~~~~。
常にキハ52を前に繋げれば運転士に対して訓練も要らないかもですね。(キハ40系も基本運転操作は同じですがもしかしたらATS-Ps搭載なので)
小湊鐵道でも、キハ200でサンドイッチすれば走らせる事が可能ではないでしょうか???


それでは、今日も見て下さりありがとうございました。

にほんブログ村 ローカル線ブログランキングに参加中です。
出来ましたらご訪問の際に下の「ローカル線」バナーを1クリックして頂けると大変有難く思います。またいつもクリックして頂き本当にありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ






タグ :

久留里線に旧型客車が走るって?

 2009-02-22

快速「のんびりくるり」号という愛称で、久留里線に旧型客車が走ります。

かつうらひなまつり号の時間をJR千葉支社のHPより調べて、発覚しました。

次男が今から張り切ってます、仕方が無いので連れて行きたいのですが、

やっと詳しい時間を知る事が出来ました。


今年は風っこくるりが運転されませんでしたので(過去記事参照、私の悪い予想が当たった・・)

死角だった、久留里線。

多分大変な人出になると思います。

運転時刻

のんびりくるり1号

木更津10:56→久留里11:36着

のんびりくるり2号

久留里11:44→木更津12:27着

ダイヤを見て気になる点、

久留里での折り返しが僅か8分しかありません。

客車列車ですから、機関車を反対に付け替える(機回し作業といいます)のですが、

通常なら8分あれば出来るはずですが、余裕があるとは言い難いですね。

安全を取って、もしかしたら前後に機関車を連結して運転されるかもですね。

この運転形態を「プッシュプル運転」と言います。

こうすると、はっきり言って魅力半減です。

でも、私の悪い予感って、当たるのですよね・・・・・・・・


あと、余分なモノを付けて欲しくないですね。

先頭につけるマークは、絶対ご免です。

ノスタルジック感が崩れます・・・・・・・・


おっとっと、現在私は鉄道にはあまり興味がありませんから、言いたい事を言ってますが

あしからずご了承ください。


ただ、運転日は沿線では大変な人出になるのは間違いないです。

関東地方でディーゼル機関車と旧型客車のコンビを、架線のない里山風景と

一緒に写真に収める事が出来る、またとないチャンスですから。

一般の写真趣味の方にもお勧めですね。

とにかく最近のJR東日本 千葉支社の粋なイベントぶりには驚くばかりです。

SL運転も3年目になりますし、関係者の努力には頭が下がる思いです。


※2/24更新加筆です。

やはりのんびりくるり号は、前後に機関車を連結してプッシュプル運転となるそうです。

個人的には、幻滅ですが、写真を撮る時は尻切れでワザと撮るといいですね。

ただし、客車も2両だけだって・・・・・(汗)

タグ :

久留里線、「風っこくるり」に乗ってきました、後編

 2008-03-18

さあ、そして木更津からキハ30系に揺られ、終点上総亀山に到着です。

主役「びゅーコースター風っこ」が待っていました。




車両の側面を、半ばえぐってガラス張りにしてあるような車両です。


すぐさま、連結作業となりました。







連結作業終了から、発車は1時間ほどあります。

周辺の散歩です。しかし何も無いところですね。




大原まで通じるはずだった線路・・・・・・・




下り風っこくるりで使用されると思われる停止位置目標ですか?

キハ30型の相手、木更津方は、キハ38のトップナンバーでした。







キハ38型は、以前八高線で活躍していました。一部電化、キハ110系進出で
久留里線にやってきて、片運転台キハ35型を置き換えました。

ほか久留里線では、キハ37型というこれまた希少な車両が居ます。
国鉄時代数両しか製作されず、久留里線と加古川線に投入されたのですが、
加古川線で活躍した西日本の車は現在確か現役を退いたみたいです。
(前編の車庫の写真参照)

久留里線の車両は現在、JR線としては唯一の一般型気動車形式で運転されている
ことになります。



適当に時間を潰し、いざ風っこ車内へと乗り込みました。
車内はこんな感じでした。







ストーブまであります。津軽鉄道みたいですね。
ちなみにこの車は、東北地域支社の車です。わざわざ持ってきて使用してます。







発車しても、なぜか空席が目立ちます。
昨年は、満員のように見えましたが・・・・・・

あとで聞いた話ですが、一人で数十枚の指定券を持っていた人が居たそうです。
その目的は、車内で配られる「乗車証明」の存在と思われます。

その乗車証明を複数手に入れる手段のようです。

風っこくるりは先ず無いと思いますが、人気列車の乗車証明がネットオークションで
高額にて取引されているのを見たことがあります。

ですが、こんな行為をする人のおかげで、本当に乗れない人が居たり、
JRにとっても、実際に乗る人が少なくなる為乗車券の減収になり、余り歓迎しないと
思います。


沿線でも、昨年の大フィーバーが嘘のように静かです。
やはり、昨年と同じ運転体形で飽きが来ているのですね。

また、折角のトロッコ車両なんですが、3月の夕方と言うこともありガラスを開け放つ
ほどの陽気ではなく、楽しみ半減で非常に残念と思います。

正直、久留里線はそれほど風光明媚とは言えないので、考えさせられますね。

来年以降の運転は、きっと絶望的な気がします。





木更津到着、切り離し作業が行われましたが、先に館山方に2両増結作業の後に
風っこが離れていきました。夕方は久留里線も4両になるのですね。




久留里線を臨時列車で盛り上げるなら、今度は変化球が必要ですね。

真岡鉄道から、C11、C12の支線用機関車を借りて、是非SL運転を!!


その前に小さな投資で、大きな効果は、絶対「キハ30タラコ色復元」だと、
鉄道マニアの皆さんは、みんな思っているでしょうね!!
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫