里見砂利山線の復活に向けて!!工事編

 2018-02-03
あれは暮れも押し迫った2017年12月でした。

仕事の書類を持って小湊鐵道五井本社にお邪魔した際

「折り入ってご相談が・・・」と、運輸課長さんから

「実は、市原市観光協会のイベントで、里見の砂利山線に線路を引いて保線体験を・・・・・」

いやあ、びっくりしましたよ。

以前より、課長さんは砂利山線(旧万田野線)廃線跡について
観光などに再利用する腹案を持っておられました。


正直申し上げ最初は、本当にできたらいいなぁ程度にしか思っていませんでしたが
まさか本当に現実となるなんて。

さらに後日、今度は「イベントの準備工事をしてほしい」と実際に依頼をお受けします。

しかもイベント開催日が決まって、告知まで出ているではありませんか!!!

千葉あそび 小湊鐵道100周年記念企画“未来へのレール敷き”に参加!(1月21日ほか)

こちらは年度末を控え本業のスケジュールは3月まで一杯です・・・・

でも、やるしかない!少し無茶をして、重機や材料の手配をしたりでいざ乗り込みました。

2018-01-09jyariyamasenkouji (2)

工事初日

あれまぁ。旧4種踏切からスタートのはずでしたが、前日までの雨でまさかの水没・・・

急きょ、排水工事からです。

2018-01-09jyariyamasenkouji (6)

道路横断排水の詰まりをなくし、下流の排水路を確保しました。

しかし、それでも地盤が悪いので急きょ、スタート地点を変更し奥から整備することに。

2018-01-09jyariyamasenkouji (9)

昭和38年に廃線になった万田野線ですが、この区間だけ線路は残っています。

しかもレールは錆びてはいますが、まだまだ丈夫です。
高滝線路班の皆様と合同で作業していきました。

また道床バラストは細かい砂利が出てきます。これも砂利山で産出したものでしょう。

2018-01-09jyariyamasenkouji (12)
2018-01-09jyariyamasenkouji (16)

旧レールを掘り起こし、山越し機で移動します。

枕木は流石に腐っていましたので、犬釘は何の抵抗もなく抜けてきますが

そもそも犬釘も半分錆びて細くなっている物が大半でした。


その後、重機で平らにして・・・・・


2018-01-09jyariyamasenkouji (18)

2018-01-09jyariyamasenkouji (19)

いやあ、しかし寒かったですよ。

カイロを体全体に貼りまくって何とかしのぎました。

2018-01-09jyariyamasenkouji (20)

100mの基盤整備が終わりました。

さて次に路盤(枕木を敷くための基礎)を再生砕石で作っていきます。

なおこの作業が一番苦労しまして、砕石材料を搬入できる場所が奥入口1箇所のみでしたので

45m3もの砕石を、小型バックホウ1台のみで100m敷きならすなんて事になってしまいました。

当初計画では反対側からダンプで取り下ろすはずだったのですが、泥濘でしたので・・・・・

2018-01-09jyariyamasenkouji (21)
里見駅に業者から砕石を搬入してもらい、2トンダンプで小運搬します。

2018-01-09jyariyamasenkouji (22)

2018-01-09jyariyamasenkouji (23)

2018-01-09jyariyamasenkouji (27)


2018-01-09jyariyamasenkouji (28)

いやぁ。これ本当に大変でした。

山を作ってはまた旋回して山を作り、を延々繰り返して

0.1m3級の小型バックホウで何とか100m敷き均しました。


2018-01-09jyariyamasenkouji (33)

2018-01-09jyariyamasenkouji (34)

予定より1日延長してしまいましたが

1週間ほどかけて何とか工事完成でした。

苦労はしましたが、イベント参加の皆様が楽しく大成功になるように祈りながらの作業で

また、小湊鐵道の歴史に関わることが出来、私としても大変名誉で遣り甲斐のある仕事でありました。

(蛇足ですが、工事代金は機械代、材料費のみいただきました。私の作業手間はボランティアでやらせて頂きました)








タグ :

2018年2月2日 小湊鐵道の雪

 2018-02-02
 
2018年も2月に突入しました。

二十四節気の「大寒」も過ぎ、ようやく「立春」になる今日この頃でありますが

先月の関東地方大雪に続き、また降雪の予報。

朝起きたら、私の地元御宿町は雨。

しかしながらアメダスを見るとどうやら市原市北部は雪が積もっているかも知れない。

そう期待して、天候不順で本業現場が休みになったのを良いことにパトロールがてら

出かけてみました。

地元の御宿から、布施地区を抜け勝浦市市野川ではうっすらと山が白くなる程度でしたが

297号線佐野交差点付近は逆に雪が消えています。

市野川は夷隅川支流の源流ですから標高が高いせいですね。


車を進め、午前8時10分上総中野駅前を通ると民家の屋根にうっすら。

ああ、この程度ではダメだなぁ。。。。と思っていたんですが。


小湊線沿い、大多喜町最後の踏切(板谷2号)を通過したら

分水嶺となっている山がいきなり真っ白!!

さらに、市原市の看板をくぐりますと

あれれ!!!すごい積雪です。


一応、養老渓谷駅に寄ると折り返し20列車が待機していました。

ちょうど知り合いの運転士さんで、平常に運転しているとのこと。

まず最初に石神で。



1N2A6214.jpg

1N2A6234.jpg
皿郷踏切(里見機外)

1N2A6245.jpg
上総久保駅

1N2A6272.jpg

1N2A6281.jpg
上総鶴舞~上総川間 国道297号に車が居なくてラッキー。

1N2A6292.jpg
川間発車。

運転士さん「何回撮ってんだよ」という表情でしたwww

次は下り13列車を狙います。

1N2A6302.jpg
上総鶴舞駅 柳町踏切から

1N2A6321.jpg
ちょっと広角すぎたか。

1N2A6336.jpg
里見駅 雪の中スタフを渡す。

1N2A6346.jpg
入四ト代

1N2A6368.jpg
上総大久保~養老渓谷 石神踏切


さらに上総中野折り返し26列車は、ちょっと冒険して秘境に行きました。

1N2A6382.jpg
月崎~飯給 代向踏切。

苦労して行ったんですが、パッとしまっせんでした。


雪の降り加減(積雪量・風向き)で撮影好適・不適があります。

その時の場所選定が難しく、そして楽しいのですが・・・・・・・・・・・・・・・


タグ :

ヘッドマークで辿る列車名その3 「水郷」

 2018-01-29
DPP_0001859.jpg

昭和37年10月、それまで準急「総武」を佐倉から分割して運転していた成田線準急に与えられた列車名です。
昭和41年急行に昇格。
昭和50年北総電化により電車化されてからも使われましたが、
昭和57年急行列車廃止により特急「すいごう」に名を譲り廃止となりました。

※参考文献 鉄道ピクトリアル181号
タグ :

キハ52 トイレが無いのにトイレ窓復活 その2 作成編

 2018-01-19
明日も走ります。キハ52単行

前記事のとおり、改造前のトイレがあった姿を再現してみました。
国鉄時代末期の標準的なキハ52を見てみたかったので・・・・

1N2A6173.jpg
107D 2018/1/13上総東

2018-01-13 072300

このトイレ窓復活ですが

では、どうやって再現したか。

2018-01-12 194955

材料は、DIYセンターなどで販売されているスチレンボード。

光沢紙なども考えましたが、ガラス越しに貼るとなると
むしろ、光沢が無いほうがそれらしくなるかなと考えました。

2018-01-12 203235

あらかじめキハ52実車から、窓の型紙を取り
(四隅のRはすべて微妙に違いました。Hゴムの柔軟さがありまして)
切り抜いていきます。

しかも微妙に正方形ではありませんので、天地左右を間違えないようにします。

2018-01-12 203815

あとは枠を表現します。

ここで必要になったのが、枠の寸法です。

参考になったのが、真岡鉄道さんで保存しているキハ20

あ、そういえば11月末の「SLフェスタ」で寸法測らせてもらおうと考えていたのに
すっかり忘れていました。

で、どうしたかと言うと

私の趣味である、フライフィッシングに長男と小山市の管理釣り場に行くことになり

2017-12-30 114408

いつもお世話になっている真岡鉄道のKさんに、ラッキーな事に大きなヤシオマスが釣れたので

それをお土産に、帰りに真岡駅に寄って取材してまいりました。

2017-12-30 152700
2017-12-30 152649

それで、また私も足りないことに、Kさんとのお喋りでつい
寸法を測らせていただく事を忘れて・・・・(何しに行ったのか)

仕方がないので、写真測量にて寸法割り出しを行いました。

2018-01-19 212912

↑土木CADを使用し寸法を出します。
写真を斜めに撮影している分の収差(数mmしかありませんがww)も加味しています。

また、枠の色ですが
真岡駅のキハ20は銀色でした。

ですので真似をして、銀色で再現しようかと考えましたが
ガラスの内側から表現するにあたり銀色は目立たないのでは???
と、購入直前にて灰色に変更しました。

実車でも、経年劣化で銀色というより灰色に近い車両が多かったのではないかと。

灰色のビニールテープで再現していきます。

2018-01-12 210756
2018-01-12 211953
2018-01-12 212618

工作時間、約1時間で材料費は取付器具も含めて2千円くらい。

いつものNゲージ鉄道模型の色差しとはだいぶ違って大がかりでしたが
本当に楽しかったです。

実際に装着してみたところ予想より似合っていまして、まさに企んだ者としてもニヤリとしてしまう今日この頃であります。

さあ。撮影の皆様どうぞ傑作をご祈念いたしております。





タグ :

キハ52 トイレが無いのにトイレ窓復活 その1

 2018-01-17
現在、いすみ鉄道のキハ編成は
キハ28が重要部検査のためお休み中です。

従いまして、現在は土曜日がキハ52の単行
日曜日がレストラン開催の為、いすみ350形を含めた新型2連で運転されております。
(2月3日土曜日は新型2連、2月10日からキハ28+キハ52運転再開予定です)

キハ52単行は、今までも数回走行しておりまして
しかも現在は沿線も寒いし閑散時期です。

それならと、プチイベントとして実は3年も前から考えては居たものの
だいぶ前からの腹案を実行してみました。

1N2A2020.jpg

↑まずこれが、ノーマルの状態

それで

1N2A6173.jpg

逆サイドですが、これが細工後

2018-01-13 07

どうですか!

中々どうして、サマになっているでしょう???

予想以上の効果が出たと思いますが如何でしょうか。

まずは今週の土曜日20日もこの状態で。

様子見でもう1週(27日)も延長しようかと思います。

なお社長ブログでも紹介されてますのでご参照ください。


次の更新では製作の様子などを。。。。




タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫