KATO ED62をお手軽改造・・・

 2017-10-22
カトーさんから、私の大好きなED62が製品化されました。

PICT0006.jpg
1992年3月 上片桐駅
当駅止まりの貨車を荷役線に押している6号機

PICT0013.jpg
元善光寺発の貨物列車に連結、伊那松島まで重連で帰るところ

高校生のころ(昭和48年生まれです)飯田線に惚れこみ大型連休などには
必ず通っていたのですが、その魅力はこじんまりとした中で
当時でもめずらしいローカル線の貨物列車に魅力を感じていたからだと思います。

当時、Nゲージではまず製品化されないだろうなと諦めていた形式で
EF30やED75などを用いて改造をしたり(失敗しましたが)

やがて引退のころにトミックスからリリースされ、改良版も出ましたが
当方ではマグネティックカプラーを使っていましたので
とりあえずボディマウント式を調整して付けていました。

で、いよいよカトーから出た訳です。
まさに待ちに待った製品化!

しばらく模型を購入していませんでしたが

2017-10-10 090737
3両買っちゃいました・・・・・・・・

ナンバーを見ると、3、5,15,17号機の設定です。

まずは、このナンバーから17号機以外を仕立てることにしました。

(17号機はご存知JR貨物カラーですね)

3、15号機はタブレット保護柵

5号機はシールドビーム2灯(1992年現在の設定ですのでPS22B化以前)

そして全部に列車無線アンテナというお気軽工作です。

2017-10-16 160518

レボリューションファクトリー製 ED62タブレット保護柵 

お友達がわざわざ秋葉原を探し歩いていただいてゲットしていただきました・・・

(2017年10月現在メーカー在庫なし、来る12月再生産との事でした)

これを

2017-10-17 135759 (3)
このゴム系透明接着剤を使って装着してみました。

2017-10-17 135759 (2)
マスキングテープで万が一対策(ゴム系接着剤ははみ出し修正しても跡が残りずらいので不要かも)

2017-10-17 135759 (15)
通風窓の上辺が出るくらいの位置関係です。

どうにか何とか、付けられました。


そして、無線アンテナの装着ですが

ED75用の列車無線アンテナを使いました。

若干、形状が違う(片屋根・取付足が片方長いのが正解)のですが、

ホイッスルカバーの隣なのと、片方の足を削ってしまう事でなんとか似せることにします。

2017-10-17 135759 (4)
↑東京に用事で行ってイモンさんでゴソゴソ買ってきました。PS22Bを買ってきた=6号機も作る羽目になるか・・・

2017-10-17 135759 (5)

0,5mmドリル刃で取付足穴を掘ります。

パーツ保持に割りばしが活躍。

2017-10-17 135759 (6)

2017-10-17 135759 (7)

しかしながら、穴あけ方向を線路方向にしたため

前から見て、取付足が目立つじゃないですか。

急遽作戦変更、枕木方向にやりなおします。

2017-10-17 135759 (10)
ランナー引き伸ばし線でエラー穴修正・塗装

2017-10-17 135759 (9)


2017-10-17 135759 (8)
再度穴あけ、こと無きを得ました。

最後に5号機のシールドビーム化です。

ちなみに、本機のタブレット保護柵は閉塞方式変更からすぐに撤去されているようです。

いろいろ思いあぐね、レボリューションファクトリーのキハ30用を使ってみます。

銀河さんのパーツもありますが、レンズを使うという事は厚みもあるという事ですよね。

そうなると、ヘッドライト庇より出てしまう可能性を考えました。

2017-10-17 135759 (11)

そして、とりあえず完成ですが

2017-10-17 135759 (12)

2017-10-17 135759 (13)

2017-10-17 135759 (14)

シールドビーム化は失敗です。

とりあえず他のパーツを探す間はこれで行きます。

カトーのキハ35系や101系のメイクアップパーツに含まれている物が欲しいのですが

どこも在庫切れ・・・・

どなたか良いパーツ知りませんか????


という訳で、もしかしたら6号機も導入するかも知れませんので

その節は、4両の陣営となる予定です。

凝り性にも困ってしまいますね。。。。。「




タグ :

ヘッドマークで辿る列車名その1 犬吠

 2017-10-19
DPP_0001860.jpg


昭和33年7月、総武本線初の準急列車として運転開始。
千葉気動車準急としては房総や京葉より一足早く誕生し、一番古い歴史を持っています。
同年11月には「房総」と併結運転になり、3方向へ分かれるため「房総」(犬吠)とサブネームとなる。
その後「総武」を経て昭和37年列車名復活。
昭和41年急行列車へ昇格。
昭和50年総武本線銚子電化に伴い電車化。

昭和57年特急「しおさい」へ統合され廃止。

※アテンダント新聞バックナンバーより。(担当が管理人のため記事盗難ではありません、あしからず)
タグ :

横沢踏切

 2017-10-17
横沢踏切

大原起点25.627km 第4種踏切 58箇所目/全60箇所

到達難易度 B (A簡単~C難)

10箇所あるいすみ鉄道の4種踏切の中で一番終点に近い。

2017-10-12 084408s

2017-10-12 084415s

2017-10-12 084428s
↑上総中野方

2017-10-12 084424s
↑大原方

各方向とも、ジャングルの中を走るという感じですね。

2017-10-12 084443s

この道路は踏切を境に舗装されていません。
また、自動車は通行不能ですが、

2017-10-12 084451s

どうやら、大塚山へ通じるみたいです。

そして踏切から見て左折すると西畑駅の裏側にも行けるようです。

前に、残念ながらキハ52と自動車の事故が発生してしまった現場でもありますが

カーナビで案内してしまうことがあるとか・・・・・・・

自動車を運転していた方の証言のようですが、普通乗用車は絶対に通れないので注意が必要です。


さて、森の中の踏切ですので列車の撮影も線路に迫る勢いの木々の中

しずしずと進む車両を撮影することができます。

1N2A5333.jpg
↑トリミング 上総中野からの上り列車

運転士さんはDEN之助さん←リンク

1N2A5335.jpg

1N2A5338.jpg

1N2A5340.jpg

朝の2両編成、12Dです。

この列車は大多喜で列車番号を512Dに変えますが、

分割して1両になるか、レストランや貸切などの際キハ52-28に車両交換する時もあります。

(平成29年取材時現在)
タグ :

第一土田踏切

 2017-10-12
第一土田踏切

大原起点25.879km 第3種踏切 59箇所目/全60箇所

到達難易度 B (A簡単~C難)

2017-10-12 daiichituchida (3)

2017-10-12 daiichituchida (4)

2017-10-12 daiichituchida (5)
↑上総中野方

2017-10-12 daiichituchida (6)
↑大原方 庄司川橋梁L=51.83mが見えます。
蛇足ですが、川の名前は西畑川です。。。

2017-10-12 daiichituchida (7)

国道から数軒の住宅への生活道路となっております。

「第一」が冠されていますが、第二は存在しません。おそらく廃止になったのか???
少し上総中野方の集落集会所裏にそれらしき「勝手踏切」がありますが。
さらに先の大カーブの、国道からのスロープも気になります。

さて、写真撮影は大原方庄司川橋梁を渡る列車を撮影するのが定番ですが
取材時は超逆行につき

2017-10-12 daiichituchida (1)

朝の2両編成でした。
タグ :

いすみ鉄道キハ52、キハ28の記念切符2種発売

 2017-10-12
10月14日(土) 記念乗車券2種類を発売のお知らせ

平成29年10月14日(土)より「キハ52-125誕生52周年記念急行券付一日フリー乗車券」および「キハ28導入5周年記念一日フリー乗車券」を発売いたします。



発売日・時間・場所

平成29年10月14日(土) 8時から(売店は9時開店から)

いすみ鉄道の大多喜駅出札窓口・大原駅売店・国吉駅売店(各売店は開店時間内)

※大多喜駅は出札窓口での発売です。

※券番0001~は大多喜駅出札窓口で10月14日(土)8時から発売いたします。



「キハ52-125誕生52周年記念急行券付一日フリー乗車券」
価格:1,500円 500部限定

いすみ鉄道の急行券付一日フリー乗車券(硬券・大人用のみ)

kiha52-52year.jpg



「キハ28導入5周年記念一日フリー乗車券」


価格:1,500円 500部限定

いすみ鉄道の急行券付一日フリー乗車券(硬券・大人用のみ)

kiha28-05year-300x222.jpg




※硬券(一日フリー乗車券)の様式は上記2種とも同じものです。

※ご使用の際は日付を押印しますので、台紙から出して駅または列車内の係員にご提示ください。

※記念乗車券は売切れ次第発売終了します。




タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫